TradeView(トレードビュー)のキャッシュバック口座開設と特徴

最終更新日 2022年3月30日

tradeview-top

ロイヤルキャッシュバックではTradeView(トレードビュー)社のキャッシュバックリベートの提供を行っています。

ロイヤルキャッシュバックからTradeViewの口座開設を行い取引するたびにキャッシュバックが発生します。キャッシュバック口座の開設も簡単ユーザー登録をして、通常の口座開設と同じ手順でOKです!海外FXでのお取引がお得になるキャッシュバックサービスをぜひご利用ください!

TradeViewのキャッシュバック率

口座名称 キャッシュバック率(1Lot10万通貨)
Xレバレッジ
(スタンダード)
ドル口座:8.5USD
円口座:850円
+10,000円
※MT4口座は円建ての場合1USD=100円の固定レートとなります。
ILC(ECN) ドル口座:2.125USD
円口座:212.5円
+10,000円
※MT4口座は円建ての場合1USD=100円の固定レートとなります。
cTrader 2.125USD(0.2125pips)+10,000円
Currenex 2.55USD(0.255pips)+10,000円
CFD銘柄 こちらをごらんください。

TradeViewをキャシュバック利用で取引したらいくらになるのか?

TradeViewをロイヤルキャッシュバック利用で取引をしたらいくらになるのか?

例えばTradeViewで毎月21日間100,000通貨を10トレードする場合、TradeViewのキャッシュバックは8.5USDなので

毎月205,275がキャッシュバックとして発生!

年間にすると2,463,300円ととても大きな金額が現金で還元されます!

キャッシュバックは一見小さな金額ですが、年間で計算するとキャシュバックは大きな金額となりますので海外FX業者での取引の際は必ずロイヤルキャシュバックをご利用ください!

TradeViewをキャシュバックお見積り計算ツール

こちらからTradeViewで取引をした際に発生するキャッシュバックの日額、月額、年額を簡単に計算することができます。一日あたりの取引通貨単位、取引回数、キャッシュバック率を入力すると自動的に1日から年間のキャッシュバック金額が表示されます。

取引単位
通貨
キャッシュバック:1年間
一日あたりのトレード数
トレード
キャッシュバック:1ヶ月
キャッシュバック率
キャッシュバック:1日

※月間取引日21日として算出 $1=115円計算
キャッシュバック額の小数点2位以下を切り捨てて計算されていますので4.625等の小数点の細かいキャッシュバックの場合、実際は表示より増額されます。
お見積金額は目安となり、実際の相場の変動があります。
正確なキャッシュバック額を計算したい場合は現在の為替相場に置き換えて計算を行ってください。

TradeView(トレードビュー)のキャッシュバック受取方法

STEP1ユーザー登録

こちらから1分で完了する無料ユーザー登録を行ってください。

STEP2FX口座開設

下の「キャッシュバック口座開設はこちら」ボタンからキャッシュバック取引口座を開設してください。

FX口座認証

マイページから開設したキャッシュバック口座の認証申請を行ってください。

STEP4取引でCB発生

開設した口座で取引するだけでキャッシュバックがずっと発生!

すでにTradeViewの取引口座をお持ちの方でキャッシュバックご利用希望の方

すでに海外FXのお取引口座をお持ちでもロイヤルキャッシュバックから追加口座開設でお取引毎にキャッシュバック

TradeViewのアカウントを既にお持ちの方は下記「追加口座開設ボタン」から口座開設を行ってください。※追加口座開設フォーム内の連絡事項の欄には必ず「RoyalCashBackからキャッシュバックを受け取る」と入力してください。正しく入力されないとキャッシュバックを受け取れない場合がございます。まだRoyalCashBackへユーザー登録がお済みでない場合、併せてユーザー登録をお願いいたします。

TradeViewキャッシュバック口座開設のメリットとデメリット

TradeViewのキャッシュバックは通常口座開設と変わらないため、口座開設にデメリットは存在しません。取引毎にキャッシュバックが発生するキャッシュバック口座はとてもお得なので、ぜひメリットをご確認の上、ご利用ください。

※FX業者の方針で今後、ボーナスなどご利用条件が変わる場合がございます。

TradeViewでの取引におけるコスト(実質スプレッド)が狭くなる

TradeViewキャッシュバック口座の一番のメリットはなんといってもキャッシュバックが取引毎に発生することです。発生したキャッシュバックはそのまま現金というメリットとして捉えられますが、発生したキャッシュバックをスプレッドにあてて、より低コストなスプレッドと計算する実質スプレッドという考え方があります。

スタンダード 平均スプレッド 実質スプレッド
USDJPY 1.8 0.95
EURJPY 1.9 1.05
GBPJPY 2.3 1.45
AUDJPY 2.6 1.75
EURUSD 1.7 0.85
GBPUSD 2.0 1.15
AUDUSD 1.9 1.05

USD/JPYのスプレッドが2.0pipsだった場合、ロイヤルキャッシュバックから口座開設を行えば8.5USDのキャッシュバックが取引毎に貰えるので

2.0 - 0.85 = 1.15pips

実質スプレッドは1.15pipsとなります。

ECN(ILC)口座 手数料を加えたスプレッド 実質スプレッド
USDJPY 0.6 0.3875
EURJPY 0.9 0.6875
GBPJPY 1.0 0.7875
AUDJPY 1.0 0.7875
EURUSD 0.7 0.4875
GBPUSD 1.0 0.7875
AUDUSD 0.7 0.4875

ILC(ECN)口座の場合、手数料を加味して計算すると・・・キャッシュバック率2.125USDのECN口座の実質スプレッドは

USD/JPY 0.1(平均pip) - 2.125USD(0.2125)  + 手数料往復0.5pips = 0.3875pips

ロイヤルキャッシュバックのキャッシュバックを利用すれば非常にタイトなスプレッドでの取引が可能となります!

TradeViewキャッシュバック口座開設の注意点(デメリット)

キャッシュバック口座は通常口座と同様の環境、条件でお取引可能な為、デメリットはありません。

※FX業者の方針で今後、ボーナスなどご利用条件が変わる場合がございます。

TradeViewキャッシュバックの出金手数料

ロイヤルキャッシュバックでは発生したキャッシュバックの出金手数料は無料となっています。通常は銀行振込で対応しておりますが、別の振込方法をご希望の方はマイページからご相談ください。

開催中ロイヤルキャッシュバック独自キャンペーン

新規ユーザー登録+新規口座開設で通常キャッシュバック+10,000円「Wキャッシュバックキャンペーン」

ロイヤルキャッシュバックが開催中のWキャッシュバックボーナスをご利用で海外FX業者で取引ごとに現金キャッシュバック+さらに10,000円のキャッシュバックが発生します!

お取引が10Lotに達した方すべてが対象のボーナスとなります!キャンペーン適用にはお申し込みが必要のなので詳しくはキャンペーンページを御覧ください。

TradeView(トレードビュー)の特徴

TradeViewTOPページ

TradeViewは2004年から運営を行っている海外FX業者の中でも老舗のブローカーです。英領ケイマン諸島のライセンスの元運営を行っている海外FX業者です。

最大の特徴はスプレッドでILC(ECN)口座のスプレッドは平均、最小値ともに屈指の低スプレッドを提供しています。運営開始から長らくトラブルがなく、ライセンス番号と監査証明書を公開しており、信託保全として1顧客35,000ドルの保証がある等、海外では知名度も高くサービスの質の高さでは特に評判の海外FX業者となっています。近年日本向けのサービスに力を入れ始めトレーダーの間では話題となっています。

スタンダード口座のレバレッジは最大500倍、ILC(ECN)口座は200倍になります。

ILC(ECN)口座の取引手数料が往復$5と安い

通常海外FX業者のILC(ECN)口座は取引毎に$6~$10の手数料が必要となります。スプレッドが狭いとは言え手数料をpipに換算すると0.6~1.0pipとなりせっかくの低スプレッドが生かせない場合があります。しかしTradeViewは取引手数料が$5と海外FX最安となっております。TradeViewの手数料は低スプレッドのメリットを存分活かすことができるのです。

ノーリクオート宣言するTradeViewの約定力

TradeViewはトレーダーに不利になるリクオートを発生しないと宣言し、トレーダーには常に最高の取引環境の提供をミッションとしています。宣言通りTradeViewではリクオートの報告は見られずに、高い注文執行能力を発揮します。その秘密はロンドンの「LD4」に設置された「EQUINIX社」のシステムを採用していることに有ります。ロンドンにサーバーを設置することによりロンドン時間、ニューヨーク時間に対応した取引が可能となり、スリップページの無い高い約定力を発揮するのです。

レバレッジ500倍と追証なしのゼロカットシステム

Tradeviewではレバレッジ500倍のハイレバレッジを提供しています。500倍は海外FXでも高水準です。さらにTradeViewはゼロカットシステムに対応しているので相場の急変動で口座残高が大きなマイナスとなってもゼロカットシステムにより残高は0にリセットされますので安心して取引が可能です。ただしTradeViewはロスカット水準が100%なのでギリギリのトレードには向いていないので注意してください。

口座残高1,000万円以上でレバレッジが100倍に制限されます

Tradeviewは口座残高に応じてレバレッジの制限がかかるので注意が必要です。口座の残高が1,000万円を下回る場合は通常通りのレバレッジでの取引が可能です。

ストップレベル0での取引が可能

TradeViewはストップレベルが0に設定されており、指値、逆指値の設定が細かく行えます。業界最狭の低スプレッドにストップレベル0はまさにスキャルピングに特化したFX業者と言えます。

TradeViewの取引口座

TradeViewの取引プラットフォームはMT4、MT5はもちろん人気のcTraderにCurrenex口座を提供しています。

MT4、MT5Xレバレッジ(スタンダード)口座

MT4スタンダード口座は1,000通貨から取引可能、取引手数料もかからないので、まさにもっともスタンダードな口座となります。レバレッジは各口座で一番高い500倍となります。

MT4、MT5ILC(ECN)口座

ILC(ECN)口座はTradeViewでもっともスプレッドが狭く、もっとも人気がある口座となります。手数料も安く、キャッシュバックと併せて利用すればとてもお得な口座となります。レバレッジは最大200倍となります。

cTrader口座

cTrader口座は人気のcTraderが利用できる低スプレッド、1,000通貨での取引が可能な口座です。レバレッジは400倍で取引手数料が往復$5必要となります。

Currenexスタンダード口座

Currenex社のテクノロジーを結集して作らたプラットフォームがCurrenexです。機関投資家向けにつくられたプラットフォームでシンプルなインターフェースにワンクリック注文可能と裁量取引に特化した口座となります。現在新規口座開設は停止しています。

口座情報 Xレバレッジ
(スタンダード)
ILC(ECN) cTrader Currenex
初回最低入金額 10,000円 100,000円 100,000円 100,000円
最小取引単位 1,000通貨 10,000通貨 1,000通貨 10,000通貨
取引手数料 無料 往復$5 往復$5 往復$6
口座維持手数料 無料 無料 無料 無料
最大レバレッジ 500倍 200倍 400倍 400倍
表示通貨単位 3桁/5桁 3桁/5桁 3桁/5桁 3桁/5桁

TradeViewのスプレッドと他業者との比較

TradeViewスタンダード口座(XLeverage)のスプレッド比較

 

海外FX業者 口座種類名 USD/JPY EUR/JPY EUR/USD GBP/USD AUD/JPY
TradeView X Leverage口座 1.8pips 1.9pips 1.7pips 2.0pips 2.5pips
EXNESS スタンダード口座 1.1pips 1.9pips 1.0pips 1.5pips 1.3pips
EXNESS プロ口座 0.7pips 1.3pips 0.6pips 1.2pips 0.8pips
Axiory スタンダード口座 1.3pips 1.4pips 1.2pips 1.3pips 1.8pips
XM スタンダード口座 1.6pips 2.6pips 1.6pips 2.3pips 3.0pips
TitanFX zeroスタンダード口座 1.3pips 1.7pips 1.2pips 1.6pips 2.1pips
BigBoss スタンダード口座 1.7pips 2.3pips 1.9pips 2.9pips 2.2pips
HotForex プレミアム口座 1.7pips 1.6pips 1.1pips 1.7pips 2.6pips

TradeView低スプレッド口座(ILC)のスプレッド比較

海外FX業者 口座種類名 USDJPY EURJPY EURUSD GBPUSD AUDJPY 手数料
TradeView cTrader・ICL口座 0.1pips 0.4pips 0.2pips 0.3pips 1.0pips 2.5ドル
Axiory ナノスプレッド口座 0.2pips 0.2pips 0.1pips 0.4pips 0.9pips 3ドル
EXNESS ロースプレッド口座 0.0pips 0.4pips 0.0pips 0.3pips 0.1pips 3.5ドル
EXNESS ゼロ口座 0.0pips(3.5ドル) 0.1pips(5ドル) 0.0pips(3.5ドル) 0.1pips(4.5ドル) 0.0pips(4.5ドル) 通貨ペアごとに異なる
XM ゼロスプレッド口座 0.1pips 0.4pips 0.1pips 0.3pips 1.2pips 5ドル
TitanFX zeroブレード口座 0.3pips 0.7pips 0.2pips 0.6pips 1.1pips 3.5ドル
HotForex ゼロスプレッド口座 1.1pips 1.9pips 1.1pips 1.3pips 2.0pips 通貨ペアごとに異なる
BigBoss プロスプレッド口座 1.5pips 2.0pips 1.8pips 2.3pips 2.2pips 4.5ドル

ILC(ECN)は平均スプレッドUSD/JPY0.1pips、EUR/JPY0.4pips、EUR/USD0.2pipsと業界でも最狭のスプレッドを提供しています。TradeViewはキャンペーンなど余計なものはすべて削減し、顧客へ還元すると宣言しており、それを表したスプレッドとなっています。

TradeViewの取引口座のFX・CFDスプレッドはこちらから御覧ください。

TradeViewのCFD商品取引

Tradeviewでは株価指数、貴金属、エネルギー、仮想通貨のCFD取引が可能です。特に仮想通貨の取引が人気でBTCUSDを低スプレッド、10倍のレバレッジで取引ができます。TradeviewのCFDの取扱いがあるのはMT4とMT5の口座タイプになりますのでCFD取引をする際にはcTraderやVikingは使用できませんので注意が必要です。

低コストで安全な仮想通貨の取引が可能

TradeViewではBTC、ETH、XRP、LTCの取引がレバレッジ最大10倍で取引が可能です。業者によっては仮想通貨取引にスプレッド以外の手数料が必要となる場合がありますが、TradeViewでは予め口座で指定された以上の取引コストが発生する事はありません。もともと値動きの大きい仮想通貨ですが、レバレッジをかけた取引をすることにより、さらに大きな利益を狙うことが可能です。万が一、損失を出してしまってもゼロカットが適用されるので追証を請求されることはありませんのでレバレッジをかけた取引でも焦らずに安心して取引をすることができます。

株式指数CFDは日経225(日経平均)とダウ30(ダウ平均)が取引可能

Tradeviewの株価指数CFDでは「日経225(日経平均)」を売買することが可能です。日経225は日本の主要企業225社で構成されています。日経平均はニュースにもよく取り上げられ、我々日本人投資家にとってなじみがあるので日経225は取引しやすいと思います。多くのトレーダーから人気の銘柄でCFD初心者の方にもおすすめの銘柄です。また「ダウ30(ダウ平均)」を売買することが可能です。ダウ平均は日経平均と同様にニュースで頻繁に報道されています。
それに加えて、AppleやMicrosoft、コカ・コーラなどの超有名企業で構成されています。そのため、日本人投資家にもなじみ深く人気の銘柄となります。

TradeviewのCFD銘柄やスプレッド、レバレッジなどの詳細ははこちらをごらんください。

TradeViewのスワップポイント

スワップポイントとは「2つの通貨間の金利差による金利調整分」のことです。スワップポイントは受け取ることで利益を出すことができますが、逆に支払うこともあります。

TradeViewのスワップは海外FXでは平均的な傾向にあります。

海外FX業者名 USD/JPY

買い/売り

EUR/USD

買い/売り

USD/TRY

買い/売り

USD/ZAR

買い/売り

USD/MXN

買い/売り

TradeView -105/-609円 -746/67円 -5,032/3,760円 -2,058/873円 -2,610/1,439円

※2022年3月28日現在の数値です。最新のスワップは公式サイトでご確認ください。

TradeViewのロールオーバー(スワップポイント発生時間)

TradeViewのロールオーバー(スワップポイントが発生する時間)は大抵の海外FX業者と同じ時間であり、以下のようになっています。

ロールオーバー(夏時間) ロールオーバー(冬時間)
スワップ発生時間 午前6時 午前7時

TradeViewへの入出金方法と手数料

TradeViewの入金方法は、大きく分けると3つに分類されます。

  • 銀行送金
  • 決済サービス
  • Eウォレット

TradeViewが採用している主な入出金方法は以下の通りです。

・クレジットカード
・bitwallet
・STICPAY
・bitpay
・国内銀行送金
・国際銀行送金

かなり複雑なので表にしてみました。

入金方法 反映時間 手数料
銀行送金 国内銀行送金 1-3営業日 無料
海外銀行送金

(7種類)

2-5営業日
決済サービス クレジットカードVISA/

MasterCard

即日
e-Transfer
ALTERNATIVE

METHODS

bitwallet
ecoPayz
Eウォレット uphold 即日
PayR
STICPAY
fasapay
TransferMate
advcashA
PayTrust

手数料ですが、銀行送金の場合は、別途、振込手数料と仲介銀行手数料がかかります。このうち日本円に対応しているのが以下のようになります。

  • 銀行送金:GC PARTNERS・BMO
  • 決済サービス:bitwallet
  • Eウォレット:uphold・STICPAY

Tradeviewは「銀行送金」や「クレジットカード」、「ビットコイン」「Bitwallet」などの入金に対応しており、入金手数料が無料となっています。クレジットカードとBitwalletでの入金が便利でおすすめとなります。

出金方法

TradeViewの出金方法は、4つです。

  • 銀行送金
  • クレジットカードVISA/MasterCard
  • bitwallet
  • Eウォレット

手数料は、「銀行送金」「bitwallet」「Eウォレット」はかかります。クレジットカードは無料で出金できますが入金額が上限です。

着金のスピードですが、「銀行送金」は1週間程度、「クレジットカード」は1か月から2か月程度、「bitwallet」は即時反映。「Eウォレット」は利用するサービスによって異なります。

Tradeviewの出金方法は、とてもシンプルで入金で利用した方法をそのまま使用しての出金となります。入金を銀行送金でしたのであれば出金も銀行送金、入金をbitwalletでおこなったのであれば出金もbitwalletでおこなうことになります。ただし、入金をクレジットカードでおこなった場合は、入金分のみクレジットカード経由で出金されます。クレジットカードへの出金を超える部分は、bitwallet経由で出金となりますので注意しましょう。また、出金は本人確認終了後となりますので、口座開設時に済ませておくことをおすすめいたします。

こちらでTradeViewの主要入出金方法を紹介しております。詳しくはこちらを御覧ください。

国内銀行送金

国内銀行送金

TradeViewでは、国内銀行送金(ATMやネットバンキング)から取引口座へご入金が可能です。必要な手数料は振込手数料のみとなります。国内銀行送金はお振込み後、1-3営業日以内に取引口座へ資金が反映されるので迅速な取引が可能です。出金額が35USDの手数料がかかります。

クレジットカード入金

クレジットカード・デビットカード

TradeViewでは、VISAとJCBのクレジットカード(デビットカード)で取引口座へ入出金手数料無料でご入金が可能です。クレジットカード(デビットカード)で入金した場合、即時取引口座へ資金が反映されますので便利な入金方法です。

bitwallet(ビットウォレット)

Bitwallet

bitwallet(ビットウォレット)による取引口座へのご入金に対応しています。入出金手数料は無料です。bitwallet(ビットウォレット)での入金は即時取引口座へ資金が反映されますのでbitwalletでオンラインウォレットを作るだけで海外FX口座へ簡単に入金可能になります。

STICPAY(スティックペイ)

STICPAY

STICPAY(スティックペイ)による取引口座へのご入金に対応しています。入出金手数料は無料です。STICPAY(スティックペイ)での入金は即時取引口座へ資金が反映されますのでSTICPAYでオンラインウォレットを作るだけで海外FX口座へ簡単に入金可能になります。

海外銀行送金

国際銀行送金

国際銀行送金による取引口座へのご入金に対応しています。国際銀行送金での入金は確認書類受領後24時間以内に取引口座へ資金が反映されます。

Tradeviewのサポート、資金の安全面

Tradeview

TradeViewは2004年から運営開始から長らくトラブルがなく海外トレーダーからはスプレッドの狭さとサポート対応から知名度も高くサービスの質の高さでは特に評判の海外FX業者となっています。日本人トレーダーへ向けたサポートはメール、電話サポートでネイティブサポートが受けられるので安心して取引が可能です。

サンタンデール銀行への分別保管による顧客の資金保全!

TradeViewの顧客の資産はサンタンデール銀行(世界総資産ランキング17位と日本のメガバンクと同等以上)に分別保管されています。TradeViewが万が一倒産しても顧客の資産は保護されます。また倒産時も顧客1人つき35,000ドルの保証が発生します。またTradeView社は外部監査機関としてFundadministration社の会計管理を行っているので資産の透明性の高さは海外FX随一です。

TradeViewキャシュバック・取引基本情報

口座名称 キャッシュバック率(1Lot10万通貨)
Xレバレッジ
(スタンダード)
ドル口座:8.5USD
円口座:850円
+10,000円
※MT4口座は円建ての場合1USD=100円の固定レートとなります。
ILC(ECN) ドル口座:2.125USD
円口座:212.5円
+10,000円
※MT4口座は円建ての場合1USD=100円の固定レートとなります。
cTrader 2.125USD(0.2125pips)+10,000円
Currenex 2.55USD(0.255pips)+10,000円
CFD銘柄 こちらをごらんください。
取引情報  
取引可能時間 米国東部時間日曜日午後5時5分から金曜日午後4時55分
両建取引 可能
追証請求 追証請求なし
ロスカット 証拠金維持率100%以下
マージンコール なし
信託保全 サンタンデール銀行への分別保管。倒産時に顧客ごとに最大3万5千ドルまで保証
入金情報 手数料 最低入金額 反映時間
BITWALLET
(ビットウォレット)
無料 無し 即日
銀行送金 無料 無し 1~3営業日
クレジットカード 無料 無し 即日
Sticpay 無料 無し 即日
出金情報 手数料 最低出金額 反映時間
海外銀行送金 35USDもしくは3,500円 無し 2~5営業日
クレジットカード 無料 無し 即日
BITWALLET
(ビットウォレット)
bitwalletアカウントへの送金無料
(bitwalletアカウントから銀行送金は824円)
無し bitwalletアカウントに即日反映
Sticpay 無料 無し 即日
既にTradeViewを開設済みの方
上記と同様にキャッシュバック口座開設リンクから通常通り開設を行なってください。
口座開設に関する注意事項
アメリカ居住の方は開設を行えません。
※MT4口座は円建ての場合キャッシュバック1USD=100円の固定レートとなります。
FX業者の規定・判断によりキャッシュバックが発生しない場合がございます。


 

TradeView・CFD銘柄キャッシュバック率一覧

種目 シンボル 内容 キャシュバック率
(ラウンドターンロット)
メタル XAUUSD Silver/USD 2.125USD (212.5円)
XAGUSD 銀/USD 2.125USD (212.5円)
オイル・ガス CRUDEOIL US Crude 0.425USD(42.5円)
NGAS Natural Gas 0.425USD(42.5円)
UKOIL Crude Oil 0.425USD(42.5円)
インデックス FCHI France40 0.425USD(42.5円)
GDAXI Germany30 0.425USD(42.5円)
J225 Nikkkei225 0.425USD(42.5円)
AUS200 SP/ASX Index of Australian Listed Shares 0.425USD(42.5円)
NDX US Tech100 0.425USD(42.5円)
WS30 Wall Street30 0.425USD(42.5円)
SPXm US SPX 500 Mini 0.425USD(42.5円)
STOXX50E Europe50 0.425USD(42.5円)
UK100 UK100 0.425USD(42.5円)
仮想通貨 BTCUSD BTCUSD 2.125USD (212.5円)
BTCJPY BTCJPY 2.125USD (212.5円)

更新日:

Copyright© 海外FXキャッシュバック口座開設なら人気・実績No1のFXRoyalCashBack(ロイヤルキャッシュバック) , 2022 All Rights Reserved.