TradeView(トレードビュー)の入金や出金方法は?おすすめの入出金方法と注意点なども解説

Tradeview業界最狭スプレッドを提供、8.5USDのキャッシュバック!

TradeView(トレードビュー)多数の口座で取引できる、入出金方法も数多くの手法が用意されています。様々な方法からどの入金方法を選んで利用するか、しっかり考えておきましょう。また、TradeViewの入出金ルールも覚える必要があります。ここではTradeViewの入出金方法について説明します。また、おすすめの方法を比較して入出金時の注意点などについて解説します。

TradeViewはキャシュバック口座開設可能

Wキャッシュバックキャンペーン通常キャッシュバック+10000円

ロイヤルキャッシュバックが開催中のWキャッシュバックボーナスをご利用でTradeView取引ごとに8.5USDキャッシュバック+さらに10,000円のキャッシュバックが発生します!

TradeView(トレードビュー)は私達ロイヤルキャッシュバックから口座開設することで取引毎に8.5USDの現金によるキャッシュバックが発生します! キャッシュバック口座はスプレッド、レバレッジ、手数料等通常の取引口座と同じ条件で取引ができるのでとてもお得に取引ができる海外FX取引に必須のサービスになります! もちろん、FX通貨ペアの取引はもちろん、CFD取引もキャッシュバック対象となります!すでにTradeViewをご利用の方でもキャシュバック口座は開設できるのでぜひご利用ください!

TradeViewのおすすめ入出金方法

TradeViewTOPページ

TradeViewへ入金する際は、クレジットカードを使うのが一番便利です。クレジットカードの場合、入金までにかかる時間が短いため、すぐにトレードを開始できます。また、日本で発行されているクレジットカードでも入金手続きが可能です。

日本円で入金対応したいと考えているなら、国内銀行送金を活用するといいでしょう。クレジットカードでは日本円での入金はできないものの、国内銀行送金を使えば日本円でトレードできます。ただ、入金までに時間がかかるデメリットもあります。

TradeViewは入出金方法の選択肢がかなり多いため、自分が使いやすい方法を選んでいく必要があります。

TradeViewの入出金方法

TradeViewが採用している入出金方法は以下の通りです。

・クレジットカード
・bitwallet
・STICPAY
・bitpay
・国内銀行送金
・国際銀行送金

この他にも海外のユーザーだけが使える入出金方法があるものの、今回は国内のユーザーが使える方法に限って紹介します。クレジットカードは対応しているブランドが限られている点に気をつけてください。

bitwalletとSTICPAYは入出金サービスとして提供されています。2つのサービスは似たような声質を持っていますが、日本語対応と入出金サービスの利便性を考えるとbitwalletのほうが使いやすい傾向にあります。

この他、bitpayを利用した入出金が可能となっており、暗号資産も入金可能となっています。銀行送金は国内と国際の両方に対応していますが、国際銀行の場合は対応している送金先を確認してから利用する必要があります。

ここからは、TradeViewが採用している入出金方法について詳しく説明します。

クレジットカード

クレジットカード入金

TradeViewはクレジットカードによる入金に対応しています。即時で反映されるため、短時間の入金に適しています。一方で出金対応は入金額までの対応にとどまるため、利益を出金させる場合は別の方法を利用しなければなりません。

TradeViewでは複数のクレジットカードブランドに対応しています。対応しているブランドは以下の通りです。

・VISA
・MASTER

以上のブランドが利用可能です。TradeViewはJCBへの対応が行われていないため、JCBユーザーは別のクレジットカード、または他の入出金方法を利用することとなるでしょう。VISAとMASTERについては他の業者でも対応しているブランドです。

クレジットカードを利用する方法の特徴は以下の通りです。

・即時反映される
・クレジットカードの限度額まで入金可能
・カード業者が制限する場合あり
・出金対応は入金額まで

クレジットカードは即時反映されるメリットを持ち、すぐに入金されてトレードに使えます。また、クレジットカード側の限度額まで事実上対応してくれる点も評価できる点で、限度額の多いクレジットカードを利用すると入金額も増やせるメリットがあります。

しかし、カード業者側の制限が存在し、このサービスへは入金できないと判断して入金拒否される可能性があります。他にも出金対応が入金額までしか対応できず、入金額以上の利益を出金する場合はクレジットカードによる出金手続きが終わってから、利益分だけ別のサービスで出さなければなりません。

bitwallet

Bitwallet入金

bitwalletは入出金サービスとして多くの業者で利用されています。TradeViewでも一般的なサービスとして使えるように利用が進められており、定番の入出金サービスとなりました。安定した入金と出金の両立が図りやすいサービスです。

入金と出金の両方に対応させたいユーザーにおすすめの方法ですが、TradeViewは出金時に手数料を請求されてしまう点に注意してください。他のFX業者よりも使いづらい傾向があります。

bitwalletの特徴は以下の通りです。

・入金の反映が早い
・出金対応も可能
・日本語完全対応
・出金手数料を請求される

bitwalletは入金の反映が早くなっており、スムーズな入金が可能となります。また、出金対応についてもそれなりに早いメリットがあり、TradeViewから出金させるサービスとしては適しています。日本語完全対応というのも安心できるポイントです。

しかしTradeView側で出金手数料を請求されてしまう点がデメリットとなります。出金手数料は1ドルとあまり高くないものの、他のFX業者に比べると負担が大きくなり、利益を損ねる可能性が高くなります。

STICPAY

XMへのSticpay入金

STICPAYも海外FXで利用されているサービスですが、大半の業者がbitwalletに対応したことで利用が落ち込んでいます。理由としては日本語対応が微妙なところである点、そしてSTICPAYから出金させるための手数料が高い点です。

TradeViewで利用する分には、bitwalletより使いやすい傾向があります。最大の理由は手数料を削減できる点です。bitwalletでは請求される手数料がSTICPAYには存在しないため、手数料の損失を削減できます。

STICPAYの特徴は以下の通りです。

・入金対応が早い
・TradeViewの手数料は発生しない
・日本語対応があまり良くない
・STICPAYから出金させる手数料が高い

TradeViewから出金させるための手数料が発生しない点は魅力的ですが、日本語対応が不十分でSTICPAYからの出金手数料が高い点は微妙なところです。入金対応については早いので安心して利用できます。

bitpay

Bitpay

入金方法としてあまり利用されていないものの、ビットコインを送金するサービスとして導入されているものです。ビットコインは暗号資産の取引所からアドレス経由で送金する方法が多くなっていますが、TradeViewではbitpayによって対応しています。

このサービスは暗号資産を取引するものではないため、事前にビットコインを準備しなければなりません。また、TradeViewへ送金する際はドルに交換しなければなりませんので、ビットコインでトレードできるわけではない点に気をつけてください。

bitpayの特徴は以下の通りです。

・日本語対応は割といい
・ビットコインを送金できる
・入出金手数料は不要
・他の方法に比べて手間がかかる

ビットコインを持っている人ならbitpayを利用して送金するのはいい方法ですが、ビットコインを持っていない人が利用するサービスではありません。手間がかかる点も含めると、他の入出金方法を検討したほうがいい場面もあります。

なお、日本語対応を希望する場合はアプリを利用しなければなりません。

国内銀行送金

国内銀行送金

国内の銀行から送金できる方法です。TradeViewでは国内銀行で日本円を送金できるシステムが用意されていますので、日本円を利用してトレードしたい人はこのサービスを使ってください。ただ、送金時に必要な手数料は負担しなければなりません。

国内銀行送金の特徴は以下の通りです。

・日本円を送金できる
・入金の反映が少し遅い
・送金時に必要な手数料がある
・送金に必要な書類を準備する必要あり

日本円を送金でっきるものの、入金の反映は銀行振込となりますので少し遅くなります。また、送金時に必要な手数料は個人で負担しなければならない点、送金に必要な書類を準備しなければ初回対応ができない点など、手間が少しかかる点はマイナスポイントです。

国際銀行送金

海外銀行送金

国際銀行送金の中には、日本円で送金できる銀行が用意されています。他にも米ドルに対応している業者があるため、日本円か米ドルのどちらかに対応できる業者を利用して送金すると安心して利用できるでしょう。こじんで

国際銀行送金の特徴は以下の通りです。

・日本円対応の業者がある
・様々な銀行を選択できる
・入金対応が遅い
・出金手数料が高い
・銀行の送金手数料も高い

TradeViewは入金先として提供している銀行が数多くあるものの、世界の銀行を知っている人以外は銀行に馴染みがないため不安を感じてしまいます。入金対応が遅く、出金手数料や送金手数料などの負担が大きい点で、あまり利用されない方法と言えます。

TradeViewの入出金方法比較

TradeViewで対応している入出金方法から、手数料などの数字を比較してみました。

TradeViewは口座ごとに最低入金額が制限されていますので、入金方法による入金額の制限は設けられていません。利用する口座によって、最低入金額がどのように設定されているか確認しておきましょう。

xLeverage口座(スタンダード口座) 100ドル
ILC口座、MT5口座、cTrader口座 1,000ドル

スタンダード口座以外は最低1,000ドルの入金額が必要となります。入金額についてはかなり高い設定となっていますので、余裕を持って入金できる環境をしっかり整備する必要があるでしょう。

また、出金については上限も下限も設けられていません。出金額については気にすることなく利用できるため、他の業者に比べると出金額を気にしてサービスを決める必要はありません。

ただ、出金手数料について請求されるサービスがありますので気をつけてください。

出金方法 手数料
クレジットカード なし
bitwallet 1ドル
STICPAY なし
暗号資産 なし
国内銀行送金 35ドル
国際銀行送金

銀行送金は手数料がかなり必要となっているため、手数料だけで大きな損失を招く恐れがあります。bitwalletは1ドルという手数料が請求されますが、負担としてはあまり大きなものではないため気にする必要はあまりないでしょう。

なお、クレジットカードは入金額までしか出金できませんので、利益を出す場合は他のサービスを準備する必要があります。

TradeViewの入出金方法の注意点

TradeViewでは入出金方法の注意点がいくつかあります。

・入金方法と同じ方法で出金しなければならない
・1度でも取引しなければ出金不可
・他のFX業者とTradeViewで両建てしていた場合は出金拒否
・ポジション保有中は証拠金100%以下の出金不可
・メンテナンス中は入出金不可

このような注意点があります。TradeViewは入金方法と出金方法を同じものに設定しなければなりませんので、出金の際は気をつけてください。また、マネーロンダリングの観点で1回以上の取引が求められます。

ここからは、TradeViewの入出金方法で注意すべきポイントを詳しく説明します。

入金方法と同じ方法で出金しなければならない

TradeViewは入金した方法と出金する方法を同じものにしなければなりません。別のサービスを利用すると出金できなくなります。

入金方法は多数ありますが、出金も同じサービスを利用しなければならないというルールを理解し、どの方法を利用するか決めましょう。出金に時間がかかる方法を選んでしまうと、すぐにお金を受け取れなくなってしまいます。

なお、クレジットカードは入金額以上の出金が必要となった場合、まずクレジットカードで入金額を出金し、その後残った金額を別のサービスで出金していく方法を取ります。手間がかかるため余裕を持った出金対応を検討しましょう。

1度でも取引しなければ出金不可

取引ルール

TradeViewは1回でも入金した金額で取引しなければ出金できません。

理由はマネーロンダリングのためです。TradeViewはマネーロンダリングが発生しないように厳格なルールを設けており、入金額をそのまま出金させる方針を採用していません。どのような場合でも1回のトレードは必須となります。

誤ってTradeViewへ入金し、出金できない問題が発生しないように気をつけましょう。

他のFX業者とTradeViewで両建てしていた場合は出金拒否

TradeView以外の業者を利用してトレードしても構いませんが、TradeViewと他社で両建てしていた場合、発覚した時点で出金拒否されてしまいます。

これは両建てのルールに違反しているためです。TradeViewは他社と両建てするトレードは禁じており、発覚した時点でペナルティを課します。罰則として与えられるのがTradeViewから出金できないという厳しいものです。

両建てはTradeView内で行っても構いませんが、他社との両建てによって利益を出すようなトレードは絶対しないでください。出金できないのはどれだけ利益を出しても意味のない状態になってしまいます。

ポジション保有中は証拠金100%以下の出金不可

ポジションを保有している場合、証拠金100%以下になるような出金対応はできません。最低でも100%以上の証拠金を確保しなければなりません。

証拠金が不足するとトレードができず、ロスカットの恐れがあります。ロスカットによる問題を避けるため、TradeViewは証拠金100%を基準として出金対応を行います。ポジションを保有している場合は、100%以下にならないように調整して出金してください。

メンテナンス中は入出金不可

入出金サービスがメンテナンス中の場合、どのような状況でも入出金対応はできません。TradeViewが通常通りに対応している場合でも入出金はできなくなります。

また、TradeView側がメンテナンスで入出金対応を止めている時間があります。入出金対応ができない時間帯の場合は別のタイミングで入出金を実施してください。

TradeView入出金のまとめ

Tradeview

TradeViewは口座数も多くありますが、入出金方法も数多くあります。日本人に向けて提供されているサービスは多数ありますが、出金対応も同じ方法で利用しなければならないルールを考え、できる限り入出金対応がしやすい方法を選んでください。

 

 

投稿日:

Copyright© 海外FXキャッシュバック口座開設ならFXRoyalCashBack , 2021 All Rights Reserved.