TradeView(トレードビュー)の各取引口座の通貨とCFD商品のスプレッドと他社との比較

Tradeview業界最狭スプレッドを提供、8.5USDのキャッシュバック!

Tradeview(トレードビュー)は2004年に設立された海外FX会社です。17年もの歴史があるのですが、日本向けサービスに力を入れ始めたのがここ数年のことであり、まだ日本人ユーザーも少ないのが現状です。そのため、他の会社に比べると日本語で書かれた情報があまり出回っていません。

「Tradeview公式サイトでスプレッドを見たが、見づらくて本当にスプレッドが狭いのかいまいちわからない」
「他の会社と比較するとTradeviewのスプレッドは狭いのだろうか?」

TradeViewははっきり言って利用しないのはもったいないトップクラスの低取引コストの業者となります。なぜ低コストなのか?その秘密はスプレッドと手数料にあります。そこで今回は、Tradeviewのスプレッド一覧を見た上で他会社との比較もしていきたいと思います。

TradeViewはキャシュバック口座開設可能

Wキャッシュバックキャンペーン通常キャッシュバック+10000円

ロイヤルキャッシュバックが開催中のWキャッシュバックボーナスをご利用でTradeView取引ごとに8.5USDキャッシュバック+さらに10,000円のキャッシュバックが発生します!

TradeView(トレードビュー)は私達ロイヤルキャッシュバックから口座開設することで取引毎に8.5USDの現金によるキャッシュバックが発生します! キャッシュバック口座はスプレッド、レバレッジ、手数料等通常の取引口座と同じ条件で取引ができるのでとてもお得に取引ができる海外FX取引に必須のサービスになります! もちろん、FX通貨ペアの取引はもちろん、CFD取引もキャッシュバック対象となります!すでにTradeViewをご利用の方でもキャシュバック口座は開設できるのでぜひご利用ください!

 

Tradeview(トレードビュー)の4種類の口座タイプ

口座タイプ X Leverage口座 ILC口座 cTrader口座 バイキング(CURRENEX)口座
最低入金額 1万円 10万円 10万円 10万円
1ロット単位 10万通貨 10万通貨 10万通貨 10万通貨
取引手数料 無料 5ドル / 1lot(往復) 5ドル / 1lot(往復) 6ドル / 1lot(往復)
レバレッジ 500倍 200倍 200〜400倍 200〜400倍
最小ロット数 0.01ロット 0.1ロット 0.1ロット 0.1ロット
ロスカットライン 100% 100% 100% 100%
スプレッド目安(USD/JPY) 1.8 pips 0.1 pips 0.1 pips 0.6 pips
取引プラットフォーム MT4・MT5 MT4・MT5 cTrader Currenex
発注方式 STP方式 ECN方式 ECN方式 STP方式

 

Tradeviewには、「XLeverage口座」「ILC口座」「cTrader口座」「バイキング(CURRENEX)口座」の4種類の口座タイプが存在します。

それぞれの口座タイプの特徴は以下のようになっています。

XLeverage口座の特徴

XLeverage口座はSTP方式の口座です。

STP方式の口座は、最低入金額・最小取引ロット数が低く設定されており、口座開設・入金ボーナスなどがもらえ、ハイレバレッジ取引ができるところが特徴です。

XLeverage口座も、この特徴に当てはまり、資金の少ない人にもおすすめできる口座タイプと言えるでしょう。

取引プラットフォームはMT4とMT5を使うことが可能です。

ただし、他の口座タイプと比べるとスプレッドは少し広めになっています。

ILC口座の特徴

ILC口座は、手数料が1ロット往復5ドルと、他の海外FX業者と比べても取引手数料が非常に安いことが特徴です。

取引プラットフォームはX Leverage口座と同様にMT4とMT5を使うことが可能です。

特にコストを最小限に抑えてEA自動売買を運用したい方におすすめと言えるでしょう。

cTrader口座の特徴

cTrader口座ではその名の通り取引プラットフォームとしてcTraderを使うことができます。

cTraderは、ワンタップで注文・自動損切り・自動利食いの設定ができ、ツール内で板情報・経済指標を確認できるなど裁量トレードに向いているプラットフォームです。

初期レバレッジは200倍と設定されていますが、条件次第ではレバレッジ申請画面にて最大400倍に引き上げ申請を行うことができます。

バイキング(CURRENEX)口座の特徴

バイキング口座は、「CURRENEX(カリネックス)」という取引プラットフォームが利用できることが特徴です。

CURRENEXを使うことによって、ダイレクトに複数の金融機関と接続しながら取引することができます。

ただし、CURRENEXのプラットフォームはWindowsしかしていません。

また、MT4やMT5、cTraderと比べると利用者が少なく、初心者の方が使いこなすには少しハードルが高いと言えます。

Tradeview(トレードビュー)のスプレッド一覧

次に、Tradeviewのスプレッドについて詳しく見ていきましょう。

取引銘柄を細かく分類して口座タイプごとのスプレッドを一覧にまとめたので、気になる銘柄のところをよく読んで取引の参考にしてください。

(※Trader・ILC口座は手数料がかかるので、実質手数料を測るときは+0.5pipsしてください)

Tradeview通貨ペアのスプレッド一覧

取引銘柄 X Leverage口座 cTrader・ILC口座
EUR/USD 1.7 0.2
USD/JPY 1.8 0.1
GBP/USD 2 0.3
USD/CHF 1.8 0.5
EUR/GBP 1.9 0.4
USD/CAD 1.7 0.7
AUD/USD 1.9 0.4
NZD/USD 2.2 0.5
EUR/AUD 3 1.2
EUR/CHF 1.9 0.3
EUR/JPY 1.9 0.4
USD/CHF 2.7 1.2
USD/CAD 2.8 1.2
EUR/AUD 3 1.5
EUR/CAD 3.4 1.9
EUR/NZD 3.8 2.3
AUD/JPY 2.5 1
AUD/CHF 2.8 1.3
AUD/CAD 2.9 1.3
AUD/NZD 3 1.5
GBP/JPY 3 1.5
GBP/AUD 3.4 1.9
GBP/CHF 3.3 1.8
GBP/CAD 3.4 1.9
GBP/NZD 3.5 2
CHF/JPY 2.9 1.4
CAD/JPY 2.8 1.3
CAD/CHF 2.6 1.1
NZD/USD 2.6 1.1
NZD/JPY 2.4 0.9
NZD/CHF 2.6 1.1
NZD/CAD 2.9 1.4
EURCZK 12.5 11
EURDKK 19.8 18.3
EURHKD 15.9 14.4
EURHUF 29.6 28.1
EURMXN 7.4 5.9
EURNOK 27 25.5
EURPLN 25 23.5
EURSEK 28.4 26.9
EURSGD 13 11.5
EURTRY 40.1 38.6
EURZAR 69.5 68
USDCZK 13 11.5
USDDKK 15.6 14.1
USDHKD 14.2 12.7
USDHUF 18.1 16.6
USDILS 26 24.5
USDMXN 63.9 62.4
USDNOK 31.6 30.1
USDPLN 17 15.5
USDRUB 31.5 30
USDSEK 38.2 36.7
USDSGD 12.9 11.4
USDTRY 32.9 31.4
USDZAR 63.6 62.1
GBPDKK 12 10.5
GBPHKD 10.2 8.7
GBPNOK 23 21.5
GBPSEK 28 26.5
GBPSGD 13.6 12.1
GBPZAR 63.3 61.8

仮想通貨CFDのスプレッド一覧

取引銘柄 X Leverage口座 cTrader・ILC口座
BTCUSD 6.77 5.73
BTCJPY 11667 10443
ETHUSD 4.89 1.67
LTCUSD 0.9 0.3

インデックス(株式指数)のスプレッド一覧

取引銘柄 X Leverage口座 cTrader・ILC口座
GDAXI 6.4 1.04
NDX 2 0.6
AUS200 1.12 2.34
FCHI 1.7 1.1
SPXm 1 0.2
WS30 4.7 3.8
HSI 10.9 7.5
J225 8.1 7
STOXX50E 1.9 1.2
UK100 2.5 0.7

コモディティのスプレッド一覧

取引銘柄 X Leverage口座 cTrader・ILC口座
GOLD 0.53 0.12
SILVER 0.33 0.15
CRUDE 1 0.3
NGAS 0.45 0.21
GOLDEUR 1.21 0.4
UKOIL 0.9 0.3

Tradeview(トレードビュー)と他会社のスプレッド比較

次に、Tradeviewと他会社のスプレッドの比較を見ていきましょう。

多くの海外FX会社では、Tradeviewの「X Leverage口座」のような取引手数料が0円の口座と、「cTrader口座」「ILC口座」のような低スプレッド口座が存在します。それぞれ分けて比較すると、「X Leverage口座」「cTrader口座」「ILC口座」どれもスプレッドは平均かそれ以下だということがわかります。

 

XLeverage口座のスプレッド比較

 

海外FX業者 口座種類名 USD/JPY EUR/JPY EUR/USD GBP/USD AUD/JPY
TradeView X Leverage口座 1.8pips 1.9pips 1.7pips 2.0pips 2.5pips
EXNESS スタンダード口座 1.1pips 1.9pips 1.0pips 1.5pips 1.3pips
EXNESS プロ口座 0.7pips 1.3pips 0.6pips 1.2pips 0.8pips
Axiory スタンダード口座 1.3pips 1.4pips 1.2pips 1.3pips 1.8pips
XM スタンダード口座 1.6pips 2.6pips 1.6pips 2.3pips 3.0pips
TitanFX zeroスタンダード口座 1.3pips 1.7pips 1.2pips 1.6pips 2.1pips
BigBoss スタンダード口座 1.7pips 2.3pips 1.9pips 2.9pips 2.2pips
HotForex プレミアム口座 1.7pips 1.6pips 1.1pips 1.7pips 2.6pips

 

低スプレッド口座のスプレッド比較

海外FX業者 口座種類名 USDJPY EURJPY EURUSD GBPUSD AUDJPY 手数料
TradeView cTrader・ICL口座 0.1pips 0.4pips 0.2pips 0.3pips 1.0pips 2.5ドル
Axiory ナノスプレッド口座 0.2pips 0.2pips 0.1pips 0.4pips 0.9pips 3ドル
EXNESS ロースプレッド口座 0.0pips 0.4pips 0.0pips 0.3pips 0.1pips 3.5ドル
EXNESS ゼロ口座 0.0pips(3.5ドル) 0.1pips(5ドル) 0.0pips(3.5ドル) 0.1pips(4.5ドル) 0.0pips(4.5ドル) 通貨ペアごとに異なる
XM ゼロスプレッド口座 0.1pips 0.4pips 0.1pips 0.3pips 1.2pips 5ドル
TitanFX zeroブレード口座 0.3pips 0.7pips 0.2pips 0.6pips 1.1pips 3.5ドル
HotForex ゼロスプレッド口座 1.1pips 1.9pips 1.1pips 1.3pips 2.0pips 通貨ペアごとに異なる
BigBoss プロスプレッド口座 1.5pips 2.0pips 1.8pips 2.3pips 2.2pips 4.5ドル

 

Tradeview(トレードビュー)と他会社のスプレッドを比較したまとめ

Tradeview

Tradeviewと他会社のスプレッドを比較した感想は以下のようになります。

・X Leverage口座のスプレッドは他会社と比較すると平均的
・Trader・ICL口座は他会社と比較してもスプレッドが狭く取引手数料が安い
・海外FX会社の低スプレッド口座を使いたいならTradeviewがおすすめ

X Leverage口座では、USD/JPYのスプレッドが他会社と比べると広くなっていますが、他の通貨ペアを見ると平均的な数値です。一方、cTrader・ICL口座は他会社の低スプレッド口座と比べても平均以下のスプレッドの狭さを誇っています。加えて、往復手数料も5ドルとかなり抑えられていて、実質の取引コストで考えると業界最高水準と言えるでしょう。

Tradeviewでは、MT4・MT5以外にもcTraderやCurrenexというスキャルピングに向いている取引プラットフォームを使うことができます。
特に海外FX会社でスキャルピングをしたい方には、TradeviewのcTrader・ICL口座がおすすめです。

いかがだったでしょうか?
今回は、Tradeviewのスプレッド一覧を見た上で他会社との比較もしていきました。Tradeviewには、「X Leverage口座」「ILC口座」「cTrader口座」「バイキング(CURRENEX)口座」の4種類の口座タイプが存在します。
取引手数料が0円の「X Leverage口座」、「cTrader口座」「ILC口座」のような低スプレッド口座など特徴はさまざまですが、どれもスプレッドは平均かそれ以下です。特に、cTrader・ICL口座は往復手数料も5ドルとかなり抑えられていて、実質の取引コストで考えると業界最高水準と言えるでしょう。「スプレッドの狭い海外FX会社で取引をしたい!」という方にはおすすめの会社なので、この機会にぜひ口座開設してみてください。

ロイヤルキャッシュバックご利用で実質スプレッドがもっと下がる

実質スプレッドとはロイヤルキャッシュバックのキャッシュバックを利用することにより、スプレッドからキャッシュバックを引くことによって実質的なスプレッドを低くすることができるます。

実質スプレッド= 取引時のスプレッド - キャッシュバック

で計算します。

取引時のスプレッドが1.0pipだった場合にキャッシュバックが0.85pips(0.85USD)だったら、

1.0 ー 0.85(pips) = 0.15

実質スプレッド = 0.15pipsとなります。

もちろん手数料が発生する口座では

実質手数料 = 手数料 ー キャッシュバック

で計算することもできます。

詳しくはTradeViewの実質スプレッドを紹介しているページを御覧ください。

 

更新日:

Copyright© 海外FXキャッシュバック口座開設ならFXRoyalCashBack , 2021 All Rights Reserved.