海外FXの事ならご相談ください。

米ドルが円に対して下落、過去5カ月で最低に


株式市場は安定化、投資家は慎重な態度を維持

スマホアプリで日々100万人以上がニュースを閲覧するInvesting.comは2月13日、株式市場の安定化とともに日本円がドルに対して上昇したことを取り上げた。

株価は2週間に及ぶ世界的な急落の後で安定化したが、投資家は米インフレ率データの発表に先立って慎重な態度を守った。火曜日に米ドルは全般的に安値の展開となり、日本円に対して過去5カ月で最低となった。

株式市場が混乱している時には、投資家は経常収支が赤字の国の通貨より、黒字の経常収支に支えられている、弾力性が高い日本円を求める傾向がある。

USD/JPYはロンドン時間午前8時26分に107.68となり、昨年9月8日以来最低となった。ドルインデックス(DXY)は87.73まで下がったが、直近1カ月の最低値より依然0.9%高かった。

ユーロとポンドも金融引き締めを期待して上昇

ユーロも先週最低値の1.2204からの回復を続け、1.2324となった。ユーロ圏における堅調な経済の回復を背景に、欧州中央銀行(ECB)が今年後半にも景気刺激対策の縮小を開始する見通しで、ユーロは引き続き支持された。

ポンドの需要はブレグジットに関する不安も残る中、英国における金利引き上げに対する期待で支えられドルに対して上昇、1.3859となった。

(画像はpixabay.comより)

▼外部リンク

Investing 記事原文
https://www.investing.com/

Comments are closed.