海外FXの事ならご相談ください。

1月の英消費者物価指数 前年同期比で3.0%上昇


EU離脱決定によるポンド安が、インフレ要因に

英政府統計局は2月13日、英の1月の消費者物価指数が前年同月比で3.0%上昇したと発表した。市場では2.9%の上昇と予測していたことから、市場予測を若干上回った形だ。

同指数はこの数ヶ月、3%前後の伸び率が続く状況だ。昨年11月の上昇率は3.1%、昨年12月の上昇率は3.0%で、同指数の上昇率は6年ぶりの高水準だ。

1月は、工業製品に緩やかな値上がりが見られたが、食料品は値下がり傾向となった。

英でインフレ傾向が続いている要因としては、2016年のEU離脱決定があげられる。それに伴いポンド安の傾向が続き、輸入品の価格は上昇傾向となっている。

エコノミストによると、最近の原油価格の下落もあり、今年はインフレが緩和していくとの見解を示している。

英消費者物価指数発表により、ポンドが買われる展開

英の消費者物価指数が予想よりも高かったこともあり、ポンドが買われる展開となった。

同指数が発表される前は、1ポンド=1.3886ドルで取引されていたが、同指数の発表後は、1ポンド=1.3924ドルにまで上昇した。

英国時間2月13日16時50分の時点では、1ポンド=1.3892ドルで取引されたが、ポンドはドルに対し、1日で0.4%上昇し、この3ヶ月で6%を超える上昇となっている。

(画像はBBC NEWSより)

▼外部リンク

BBC NEWS
http://www.bbc.com/news/business-43043021

REUTERS
https://www.reuters.com/

Comments are closed.