主要海外FX業者の信託保全・分別管理取扱い業者一覧と比較・解説

海外FX業者は国内FX業者にはないハイレバレッジを使えることやゼロカットシステムを採用していることなどから多くのFXトレーダーに人気があります。しかし、海外FX業者を利用する際、ハイレバレッジやゼロカットシステムなどのスペックだけではなく安全性を確認したいトレーダーは多いはずです。

安全性を判断する基準は様々ありますが、信託保全や分別管理は海外FX業者の安全性を判断する重要な要素になります。そこで今回は、主要海外FX業者の信託保全、分別管理の仕組みや特徴について説明しますので、海外FX業者を選ぶ参考にしていただければ幸いです。

信託保全・分別管理とは?

海外FX業者の資金管理体制は主に

  • 信託保全
  • 分別管理

の2つにわかれています。まずは信託保全と分別管理の違いについて説明します。

信託保全とは

信託保全とは顧客の資産を信託銀行などに預託するので、万が一FX業者が倒産しても、顧客の資産は100%保証される資産管理のことです。

国内FX業者はこの信託保全が義務付けられているので安心して取引できますが、海外FX業者は信託保全が義務付けられていません。

義務付けられていませんが、信託保全をしている海外FX業者も何社かあります。後程説明しますので是非参考にしていただければ幸いです。

分別管理とは

分別管理とは顧客の資産とFX業者の運営資金を別の銀行口座で管理する資産管理体制のことです。

顧客の資産とFX業者の資金は別に管理されているので流用されるリスクはありませんが、万が一FX業者が倒産してしまった場合、顧客の資産は保証されません。

流用リスクがないのは安心ですが、顧客から見ると倒産リスクは残る資金管理方法になります。

主要海外FX会社の信託保全・分別管理を徹底比較!

それでは主要海外FX会社の信託保全・分別管理についてまとめました。

今回、紹介する主要FX会社は以下14社です。

  1. XM
  2. TitanFX
  3. AXIORY
  4. TradeView
  5. EXNESS
  6. BIGBOSS
  7. TradersTrust
  8. MyfxMarkets
  9. HotForex
  10. LandFX
  11. MiltonMarkets
  12. FXPRO
  13. FBS
  14. iFCMarkets

それでは、各FX会社の信託保全・分別管理ついてみていきましょう。

XM

XM

日本人に最も人気のある海外FX業者であるXMは信託保全ではなく分別管理を採用しています。信託保全をしていないと聞くと不安に思う方もいるかもしれませんが、XMでは、顧客資金に対し最大100万ドル(約1億1000万円)まで補償を設けています。

また分別管理はイギリスの大手銀行であるバークレイズ銀行を使っており、安心感は非常に高いです。

さらにアメリカの大手保険会社のAIGの保険に加入しており、最大100万ドルまで保証されます。

よほど大きな資金を入金しない限り、XMは実質信託保全であるといって良さそうです。

TitanFX

TitanFX

TitanFXは、信託保全は採用されていません。分別管理は行っています。XMのように保険に入っているわけではありませんが、TitanFXは、2020年11月に、The Financial Commissionという機関に加入しました。

The Financial Commissionとは、FX業者と顧客の間で取引や出金に関するトラブルが発生した際に、仲裁を行う機関になります。

もしTitan FX側に非があると認められれば、顧客に最大20,000ユーロ(約260万円)の補償金が支払われるので一定の安心感はありますが、TitanFXが倒産してしまったときの保証はありません。

   

AXIORY

AXIORY

AXIORYは、信託保全を採用しています。AXIORYが取得している金融ライセンスであるベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)は、信託保全を義務付けていませんが、AXIORYは独自に上限無しの全額信託保全を採用しているので安心です。

第三者監査機構「PwC」の監視のもと、顧客の資金はすべてカタールのドーハ銀行へ信託され、万が一AXIORYが倒産した場合にもPwCを通じて投資額が全額返還される仕組みになっています。

またAXIORYは、The Financial Commissionにも加盟しているので、もしトラブルが発生しても最大2万ドル(約220万円)の保証が受けられるので安心して利用できる海外FX業者なのです。

TradeView

TradeView

TradeViewは信託保全は採用しておらず分別管理になります。しかし、顧客資産は35,000ドル(約385万円)までは保証されているので、35,000ドル以下で取引すれば安心して利用できる海外FX業者です。

EXNESS

EXNESS

EXNESSは、信託保全は採用しておらず分別管理のみです。また最低保証金額もないので万が一倒産しても問題ない資金量で取引するのがおすすめになります。

しかし、現在、日本の運営法人は信託保全は採用していませんが、イギリスのグループ会社は手厚い保証をおこなっているようです。今後、日本の運営会社も手厚い保証が採用される可能性があるため、今後の動向に注目です。

BIGBOSS

Bigboss

BIGBOSSは、信託保全は採用されておらず分別管理のみです。しかも、分別管理に利用している銀行も不明のため一抹の不安があります。万が一倒産しても問題ない資金量で取引したほうが安全であるといえるかもしれません。

TradersTrust

TradersTrust

TradersTrustは、信託保全が採用されておらず分別管理のみです。以前、バヌアツで運営されていたときは、信託保全が採用されていましたが、現在運営しているバミューダに移ってからは分別管理のみになっています。

MyfxMarkets

MyfxMarkets

MyfxMarketsは信託保全が採用されています。MyfxMarketsに預けた資金はオーストラリアの大手銀行であるコモンウェルス銀行で信託保全されているので安心です。

万が一、倒産したとしても、入金分はもちろん、利益分もすべて補償されます。

ちなみにコモンウェルス銀行はオーストラリア最大のナショナルオーストラリア銀行に次ぐ資産額を誇る超名門銀行です。

信託保全が採用されているMyfxMarketsは安心して利用できる海外FX業者といえます。

HotForex

HotForex

HotForexは信託保全は採用されておらず分別管理のみですが、最大500万ユーロ(約6億5000万円)までは保証されますの安心して取引することが可能です。

よほど高額な資金を入金しない限り倒産してもほぼ保証されるので安心して取引できる海外FX業者になります。

LandFX

LandFX

LandFXは、信託保全は採用しておらず分別管理のみです。また最低保証金額もありませんので万が一倒産してしまうと顧客の資産の保証はありません。

LandFXはオーストラリアの4大銀行の1つであるWestpac銀行にて分別管理されています。

MiltonMarkets

MiltonMarkets

MiltonMarketsは、信託保全は採用しておらず分別管理のみです。大手銀行で分別管理しているとの情報がありますが明確な銀行名は探すことはできませんでした。

MiltonMarketsが倒産した場合、顧客資産の保証はありませんので注意が必要です。

FXPRO

FXPro

FXPROは、信託保全は採用しておらず分別管理のみです。分別管理のみですが、FXPROは金融サービス補償機構(FSCS)や投資家補填ファンド(IFC)に加盟しており、FSCSでは最大5万ポンド(約750万円)、IFCでは最大2万ユーロ(約260万円)までの顧客資産が保証されます。

また分別管理で使っている銀行は、バークレイズ、RBS、シティバンクといった世界屈指の名門銀行なので安心感は非常に強いです。

FBS

FBS

FBSは信託保全が採用されています。信託保全が採用されているので万が一FBSが倒産しても顧客資産は守られるので安心して利用できる海外FX業者です。

iFCMarkets

iFCMarkets

iFCMarketsは、信託保全が採用されていませんが、米国最大手保険会社AIG EUROPE LIMITEDの保険に加入しており万が一倒産しても顧客資産は全額保証されます。

実質、信託保全と同様の制度を取っているので安心して取引できる海外FX業者です。

主要海外FX業者の信託保全・分別管理一覧表

主要海外FX業者の信託保全・分別管理の状況についてまとめました。

信託保全が採用されている主要海外FX業者は以下の通りです。

業者名 信託保全OR分別管理 特徴
XM 分別管理 最大100万ドルまで保証される。
TitanFX 分別管理 倒産した時の保証はなし。

The Financial Commissionに加盟しているので

トラブルが発生した場合、最大2万ユーロの保証あり。

AXIORY 信託保全 倒産しても全額保証。またThe Financial Commissionにも加盟しているので

トラブルが発生した場合、最大2万ドルの保証あり。

TradeView 分別管理 35,000ドル’までは倒産しても保証される。
EXNESS 分別管理 倒産した時の保証はなし。

ただしイギリスのグループ会社には手厚い保証がある。

BIGBOSS 分別管理 倒産した時の保証はなし。
TradersTrust 分別管理 倒産した時の保証はなし。
MyfxMarkets 信託保全 倒産しても全額保証。
HotForex 分別管理 最大500万ユーロまで保証される。
LandFX 分別管理 倒産した時の保証はなし。
MiltonMarkets 分別管理 倒産した時の保証はなし。
FXPRO 分別管理 最大5万ポンド(約750万円)、最大2万ユーロ(約260万円)まで保証される。
FBS 信託保全 倒産しても全額保証。
iFCMarkets 分別管理 AIG EUROPE LIMITEDの保険に加入しており万が一倒産しても顧客資産は全額保証される。

信託保全(もしくは実質信託保全の業者)

  • AXIORY
  • MyfxMarkets
  • FBS
  • iFCMarkets

分別管理と、その他保証がある業者

  • XM
  • TitanFX
  • TradeView
  • HotForex
  • FXPRO

分別管理のみの業者

  • EXNESS
  • BIGBOSS
  • TradersTrust
  • LandFX
  • MiltonMarkets

信託保全・分別管理まとめ

今回は、海外FX業者の信託保全・分別管理の状況について紹介しました。海外FX業者にはハイレバレッジやゼロカットシステムなど様々な特徴がありますので多くのトレーダーが海外FX業者に興味があります。

しかし、ハイレバレッジなどの目立つスペックだけでなく安心して利用できる業者を選ぶことも非常に重要です。

是非、今回の記事を海外FX業者の安全性は計る参考にしていただければ幸いです。

 

 

更新日:

Copyright© 海外FXキャッシュバック口座開設ならFXRoyalCashBack , 2021 All Rights Reserved.