海外FXの事ならご相談ください。

1月の米財政収支 490億ドルの黒字 市場予測を下回る結果に


国土安全保障省の支出と公債利払いが増加

米財務省は2月12日、1月の米財政収支を490億ドル(約5兆3400億円)の黒字と発表した。市場予測は510億ドル(5兆5600億円)の黒字で、市場予測を下回った形だ。

なお、昨年1月の米財政収支は510億ドルの黒字で、前年同月を下回った。

1月の米財政で支出が多かったのは、国土安全保障省と公債の利払いだ。特に同省は災害救助の費用が増加したため、支出が拡大した形だ。

2018会計年度の財政赤字は1760億ドルに

また、昨年10月から始まった2018会計年度の財政赤字は1760億ドル(約19兆1800億円)。前年同期の財政赤字は1590億ドル(約17兆3300億円)で、前年と比較すると財政赤字は拡大している。

なお、トランプ政権は、2019会計年度(2018年10月~2019年9月)の財政赤字を約1兆ドル(約109兆円)と見込んでいる。

米財政収支の発表は、為替相場に大きな影響をもたらしていない状況だ。

2月13日未明の時点では、1ドル=108円70銭から80銭で取引されたが、一時的に円が買われる展開となり、1ドル=108円台半ばで取引された。

その後はドルが買い戻され、同日午前の時点では、1ドル=108円70銭前後で取引されている。

(画像はMarketWatchより)

▼外部リンク

REUTERS
https://www.reuters.com/

MarketWatch
https://www.marketwatch.com/

Comments are closed.