海外FXの事ならご相談ください。

米長期国債が上昇 米10年債は4年ぶりの高水準に


米長期国債の入札実施も、全体的に低調な傾向

米国債の利回りが上昇傾向だ。2月8日、米財務省が160億ドル(約1兆7400億円)分の米30年債を利回り3.121%で入札を実施したところ、入札は全体的に低調となり、米30年債の利回りは3.168%にまで上昇した。

また、米10年債の利回りは2.885%まで上昇した。米10年債の利回りは、4年ぶりの高水準となる。

米国債の利回りが上昇した要因としては、英中央銀行のイングランド銀行が、インフレを抑制するためには、速やかに利上げを実施する必要があること、また、利上げの頻度を高めるべきと発言したことがあげられる。

さらに、米で失業手当の申請者数が減少したことも、利回り上昇の要因と考えられる。米労働省によると、先週の失業手当の申請者数は45年ぶりの低水準であったという。

米景気が回復傾向であることが、米国債の利回りを上昇させた形だ。

長期金利上昇のリスク回避でドル売りの展開に

米国債の利回り上昇により、長期金利の上昇が懸念されたことから、ニューヨーク市場の株価は大幅に下落した。

リスク回避の動きとして、ドルが売られて円が買われる展開となっており、相場は円高傾向だ。9日午前の時点では、1ドル=108円台半ばでの取引が行われている。

(画像はCNN Moneyより)

▼外部リンク

CNN Money
http://money.cnn.com/

CNBC
https://www.cnbc.com/

Comments are closed.