海外FXの事ならご相談ください。

FOMC声明 FF金利据え置き ドルが買われる展開に


金融緩和政策の継続で、インフレ率上昇を見込む

日本時間2月1日午前4時に発表された米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明によると、政策金利であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を1.25~1.50%に据え置くという。

金利誘導目標を据え置く要因としては、食品とエネルギーを除いたインフレ率は上昇傾向であるものの、総合的に見ると、インフレ率が2%を下回っているためだ。

FOMCは、金利の据え置きと金融緩和政策の継続により、インフレ率は2%に上昇していくと見ている。

また、FOMCの声明においては、失業率が低水準で労働市場に力強さが見られること、家計支出や企業の設備投資は堅調であるとの見解が示された。

ユーロや円は、対ドルで下落

FOMCがFF金利の誘導目標を据え置く声明を発表したことにより、ドルが買われる展開となっている。

ユーロは対ドルで下落し、一時的に1ユーロ=1.23ドル台で取引された。また、円もドルに対して下落傾向だ。

ムニューチン財務長官のドル安容認発言により、先週末から円高ドル安傾向が続いていたが、FOMCの声明発表もあり、2月1日午前の時点では、1ドル=109円台前半で取引されている。

(画像はFXSTREETより)

▼外部リンク

MORNINGSTAR
http://news.morningstar.com/

FXSTREET
https://www.fxstreet.com/

Comments are closed.