海外FXの事ならご相談ください。

仮想通貨価格が上昇傾向 ブラックロックのビットコイン評価が後押しか


ビットコインは6600ドル超、イーサリアムは475ドルに

7月16日、仮想通貨価格は全面高の展開となった。ビットコインは6600ドル(約74万円)を超えたほか、イーサリアムは一時的に475ドル(約5万3000円)で取引された。仮想通貨関連メディアのCOINTELEGRAPHが報じた。

仮想通貨の動向を視覚的にとらえられる「コイン360」によると、ビットコインは前日比で約4%上昇したほか、イーサリアムは約6%上昇した。また、ビットコインキャッシュは7%近い上昇となった。

機関投資家の仮想通貨取引参入で、さらなる価格上昇も

仮想通貨価格を押し上げた要因としては、約6兆3000億ドル(約705兆円)もの資産を運用する世界最大の資産運用会社、「ブラックロック」がビットコイン投資を評価しはじめたとの報道があったためだ。

ブラックロックが仮想通貨市場に参入した場合、機関投資家らの参入も期待され、仮想通貨市場が活気づくとの思惑が入った模様だ。

米のニュース専門局CNBCのトレーディングアドバイザーによると、機関投資家が仮想通貨投資に参入した場合、2017年の仮想通貨価格の上昇は、言わば前哨戦に過ぎないとの見方を示した。

(画像は写真ACより)

▼外部リンク

COINTELEGRAPH
https://cointelegraph.com/

Comments are closed.