海外FXの事ならご相談ください。

東部・南部アフリカ、国家備蓄として中国通貨利用を検討


アフリカ・中国の貿易戦略

U.S. Newsは5月18日、東部・南部アフリカマクロ経済金融運営機関(MEFMI)加盟国が、中国の通貨・元を備蓄通貨として利用する可能性があると報道。新しい貿易戦略が世界に示される。

中国の通貨を利用

この報道は中国の新華社通信が明らかにしたもの。

アンゴラ、ボツワナ、ケニア、ジンバブエなど14のアフリカ諸国の中央銀行、関係金融機関が、中国の元を国家備蓄通貨として利用する可能性があり、今週開催されるジンバブエ・ハラレのフォーラムで検討される見通しだと発表している。

MEFMI加盟国のほとんどは中国からの融資や援助を受けており、中国現地の紙幣で返済することは経済的にも意味がある、とMEFMIの広報担当者は答えている。

それぞれの経済戦略

今年の初め、ヨーロッパのいくつかの中央銀行などにはすでに中国通貨の利用計画を強調している。

外部の地位を弱めることに焦点が当てられており、中国とアフリカという新しい国際貿易パターンがどのような利益を得られるかは、今後注目していく必要がある。

中国側も国内債券や株式において、外国投資家が増える可能性を期待。中国が世界の為替相場に食い込む戦略が進められていると報じている。

(画像は写真ACより)

▼外部リンク

U.S. News
https://money.usnews.com/

Comments are closed.