海外FXの事ならご相談ください。

Bithumb、マネーロンダリング防止に11カ国との取引禁止を発表


ビッサム、法律を遵守

The next webでは5月28日、世界でも有数の取引量を誇る仮想通貨取引所のBithumb(ビッサム)が、11カ国との取引を停止したと発表。韓国の為替相場はマネーロンダリング防止の立場を崩さない方針だ。

マネーロンダリング防止

韓国では昨年から仮想通貨取引の規制強化が進み、Bitfinex(ビットフィネックス)、Poloniex(ポロニエックス)に続き、世界でも5番目の規模を誇る暗号通貨取引所・ビッサムも、法律を遵守するための追加措置を講じている。

日曜日にビッサムは、イラン・エチオピア・イラク・セルビア・スリランカ・チュニジア・シリアなどを含む11カ国でプラットフォームの使用を禁止したと発表している。

これらの国は、金融活動作業部会(AFTF)に協力しておらず、マネーロンダリングを防止する十分な法律を有していないと見なされている国だ。

今後の仮想通貨はどうなる

韓国では、去る4月に2つの暗号通貨取引所の幹部4人を横領と詐欺罪で逮捕。米国の司法省でも市場調査を強化しており、各国の規制当局も文字列の強化などが行われている。

特徴的な例として、インドではバーチャル通貨取引に18%の商品税を課す予定だとしている。規制ではなく課税によって、投資家には投資への幅が広がり、規制当局も脅威の抑制につながる可能性があるとしている。

(画像は写真ACより)

▼外部リンク

The next web
https://thenextweb.com/

Comments are closed.