海外FXの事ならご相談ください。

NZ中銀 政策金利を1.75%に据え置き NZドルが大幅下落


政策金利据え置きは、市場の予測通り

ニュージーランドの中央銀行であるニュージーランド準備銀行(以下、NZ中銀)は5月10日、政策金利を現行通り1.75%に据え置くと発表した。

政策金利の据え置きは、市場の予測通りとなる。ニュージーランドの経済メディアinterest.co.nzが報じた。

NZ中銀のオア総裁は、当面の間金利を据え置くとの考えを示した。インフレ目標値である2%の達成は、当初2020年9月までとしていたが、今回の声明では、2020年12月までに延長された。

また、利上げの時期についても延長され、当初2019年6月までとしていたが、2019年9月までとなった。

そのほか、声明においては、経済の成長と雇用環境は堅調な状況との認識が示された。ニュージーランドでは就業者数が増加傾向にあり、特に女性と高齢者の就業者数増が顕著であるという。

声明発表後は、1NZドル=0.694米ドル台に

NZ中銀の声明が発表される前は、1NZドル=0.698米ドル台で推移していたが、声明発表後はNZドルが大幅に売られ、1NZドル=0.694米ドル台で取引された。

NZ中銀が2月に声明を発表した際は、1NZドル=0.743米ドル台であったが、この3か月間で、NZドルは米ドルに対して下落傾向となっている。

(画像はinterest.co.nzより)

▼外部リンク

interest.co.nz
https://www.interest.co.nz/

FXSTREET
https://www.fxstreet.com/

Comments are closed.