海外FXの事ならご相談ください。

トランプ大統領「ドルが強くなることを望む」と発言


「経済のみならず、あらゆる面で米は強くなっている」

スイスのダボスで開催されている世界経済フォーラム(ダボス会議)に出席したトランプ大統領は1月25日、米のニュース放送局CNBCの取材に対し、最終的にドルが強くなることを望むと発言した。

また、同大統領は、米国が経済的な面はもちろんのこと、あらゆる面において強くなっているとの考えを示した。

先日、ムニューチン財務長官は、ドル安を容認する発言をした。この発言に対し、ドルが値下がりする展開となった。

25日、世界主要通貨に対するドルの価格を指数化した「ドル指数」は、90を下回り、88.75となった。この数値は3年ぶりの低水準だ。

「為替は、国力に基づいたものであるべき」

同財務長官のドル安容認発言に対し、同大統領は、誤って解釈されたとの認識を示した。

さらに、同大統領は、為替について語るのは好きではないと述べた上で、為替は、国力に基づいたものであるべきとの考えを示した。

同財務長官の発言を受け、ドルは値下がりし、25日には1ドル=108円台で取引された。

しかしながら、同大統領の発言によりドルが買い戻される展開となった。26日午前の時点では、1ドル=109円台半ばでの取引が行われている。

(画像はTHE HILLより)

▼外部リンク

CNBC
https://www.cnbc.com/

THE HILL
http://thehill.com/

Comments are closed.