海外FXの事ならご相談ください。

ニュージーランド準備銀行 政策金利を1.75%に据え置き


政策金利据え置きは市場の予測通り

ニュージーランドの中央銀行であるニュージーランド準備銀行は6月28日、政策金利を1.75%に据え置いた。政策金利の据え置きは市場の予測通り。ニュージーランド・ヘラルド紙が報じた。

ニュージーランド準備銀行のオア総裁は、ニュージーランドの景気は堅調であるとの認識を示したものの、国内における雇用拡大を継続していくこと、また、インフレ率が目標値の2%を下回っていることから、緩和的な経済政策を継続していくとの考えを示した。

また、同総裁は、世界のインフレ圧力は高まっているものの、インフレは緩やかに進行していくとの見解を示した。

そのほか、世界経済は上昇基調にあることから、ニュージーランドの製品やサービスの需要は今後高まっていくとの見方もある。

政策金利据え置きの発表に、NZドルは下落

ニュージーランド準備銀行が政策金利を据え置くと発表したことに市場は反応し、NZドル・米ドルは、一時的に1NZドル=0.6777米ドルに下落した。

また、NZドルの下落は27日にオーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)が発表した企業信頼感指数が低調であったことも関係した模様だ。

NZドル・米ドルは今週始め、下値支持線と見られる1NZドル=0.688米ドルを割り込んだのを機に、その後は下落基調が続いている。

(画像はNZ heraldより)

▼外部リンク

NZ herald
https://www.nzherald.co.nz/

FXSTREET
https://www.fxstreet.com/

Comments are closed.