海外FXの事ならご相談ください。

貿易摩擦の緊張はFX市場にどう影響するのか


FX市場でのドルの見通し

Bloombergは6月25日、世界的な貿易摩擦での緊張が高まる中、FX市場ではドルがどのような見通しになるかを多くのアナリストたちが議論していると報道。貿易戦争の強気とリスクの間で意見が分かれている。

米国の強気と関係諸国

ドナルド・トランプ大統領は貿易戦争に余裕の姿勢をみせているが、1兆5000億ドルの外国為替市場では米ドル通貨に対して確信を持っていない。

ドルは3年ぶりに低水準から6%上昇。これは最近の貿易摩擦の高まりの中で好調に推移したことにあるが、その反動として過去12ヶ月間で10%の物価スライドが発生しているからだ。

アナリストの一人は、「米国経済は関税の影響で輸出に関し打撃を受ける可能性がある」と指摘。その理由には、米国財務省が発表している中国からの様々な輸入品に対する関税措置、自動車輸入に関する欧州連合への課税措置、近隣のカナダ・メキシコとの関係も厳しくなっていることなどがあげられる。

米ドルに利益の可能性

トレーダーたちは貿易摩擦の懸念からトレーディングの物語を想定するのに苦労している。しかし関税が大きくなれば、準備通貨で安全を追求するため、最終的には米ドルが利益を得る可能性があることも加えている。

ほかにも多くのメディアが貿易摩擦の激化を予想、米ドルの強気の代償は意見が分かれているようだ。

(画像は写真ACより)

▼外部リンク

Bloomberg
https://www.bloomberg.com/

Comments are closed.