海外FXの事ならご相談ください。

倫理とモラルの統一は難しい?FX条例は制定されるのか


FXポリシーを求める市場

EUROMONEYは5月10日、グローバル外国為替委員会(GFXC)が参加者のグローバルコードに対するコミットメントに対し、これらがコンプライアンスを維持するための障害となっているという専門家の意見を掲載している。

グローバルコードはプロセスの一つ

FX市場のポリシー遵守は業界にとってホットな話題だが、グローバルコードへの期限が迫っていることもあり、100以上の市場参加者の訴えも大きくなっている。

しかしある市場コンサルタントは、コード条例の制定がプロセスの一つに過ぎないことを理解する必要があると述べている。

FX市場の公平さには共通した倫理観が求められるが、国や社会によって異なる倫理があり、その慣習も変化しているため、困難な作業だとしている。

それぞれが基準に沿ったガイダンスを

別の専門家は、FX活動全体、政策、手続き、慣行の包括的な見直しが求められ、それらを監視するための適切なフレームワークが必要になるが、コードへの尊厳は規模が大きくなればなるほど複雑化してしまい、さらにそれを維持するのは容易なことではないと語る。

現段階では、参加者は認定された第三機関が独立した基準に沿って事業を行っていることを証明する、ベンチマーキングを検討することを提案している。

(画像は写真ACより)

▼外部リンク

EUROMONEY
https://www.euromoney.com/

Comments are closed.