海外FXの事ならご相談ください。

スイスフランが下落 1ユーロ=1.2001スイスフランに


スイス中銀の緩和的な金融政策が下落要因に

4月19日、スイスフランは対ユーロで下落し、1ユーロ=1.2001スイスフランの値を付けた。

かつて、スイスフランは対ユーロで1.20フランを上限とするペッグ制を採用していたが、2015年1月に対ユーロのペッグ制を撤廃した。

1ユーロ=1.20スイスフランを下回ったのは、対ユーロの上限を撤廃して以降、初となる。

スイスフランは3月上旬から、主要通貨に対して下落傾向が続いている。3月上旬からのスイスフランの下落率は、対ユーロで4%、対ドルで2.55%、対円で2%。

各国との貿易額で加重平均したレートである名目実行為替レートでみると、3月上旬からは約3.75%下落した。

スイスフランが下落する要因としてあげられるのは、資産の逃避先としてスイスフランの魅力が低下している点だ。

欧州中央銀行は世界的な経済成長を見込み、金融引き締め政策を掲げている一方、スイスの中央銀行であるスイス国立銀行は、緩和的な金融政策を継続し、政策金利を維持する方針を掲げている。

年末までに、1ユーロ=1.30スイスフランとの見方も

4月19日の時点では、ドル・スイスはスイスフランが下落し、1ドル=0.9715スイスフランで取引された。

また、ユーロ・スイスの今後の展望として、欧州中央銀行の金融引き締め政策と、米国およびユーロ圏の経済成長により、年末までに1ユーロ=1.30スイスフランに達するとの見方もある。

(画像はPixabayより)

▼外部リンク

Bloomberg
https://www.bloomberg.com/

Investing.com
https://uk.investing.com/

FXSTREET
https://www.fxstreet.com/

Comments are closed.