海外FXの事ならご相談ください。

中国 自動車などの輸入関税引き下げへ 貿易不均衡の改善図る


欧米自動車メーカーの株価は軒並み上昇

中国の習近平国家主席は4月10日、中国・海南省で開催されたボアオ・アジアフォーラムにおいて、自動車の輸入関税を大幅に引き下げる方針を発表した。また、輸入関税の引き下げは、自動車以外の製品も対象となる見通しだ。

同国家主席は、中国が輸入を拡大することで、貿易不均衡の改善を図りたい考えだ。

米中間の貿易戦争が懸念されていた中、同国家主席が自動車の輸入関税引き下げを表明したことにより、米国では10日、自動車メーカーの株価が軒並み上昇した。上昇率は、テスラが5.2%、ゼネラルモーターズ(GM)が3.3%。

また、自動車メーカーの株価上昇は欧州にも及び、BMWは3%上昇した。

輸入拡大の発言で、輸出産業が強い国の通貨が上昇

同国家主席が輸入を拡大すると発言したことを受け、10日は、輸出産業が強いカナダやオーストラリアの通貨が上昇した。

米ドル・カナダドルは、1米ドル=1.2703カナダドルで取引され、2月27日の1米ドル=1.2687カナダドルに迫る水準となった。

また、米ドルに対して豪ドルが買われ、豪ドル・米ドルは0.3%上昇し、1豪ドル=0.7699米ドルで取引された。

(画像はCNBCより)

▼外部リンク

CNBC
https://www.cnbc.com/

REUTERS
https://www.reuters.com/

YAHOO!FINANCE
https://finance.yahoo.com/

Comments are closed.