海外FXの事ならご相談ください。

1月のユーロ圏貿易収支 33億ユーロの黒字に


季節調整後の貿易黒字は199億ユーロ

欧州連合統計局は3月19日、1月のユーロ圏の貿易収支(季節調整前)を33億ユーロ(約4300億円)の黒字と発表した。昨年1月の貿易収支は14億ユーロ(約1820億円)の赤字で、黒字へと転じた形だ。

なお、季節調整後の貿易収支をみると、1月の貿易黒字は199億ユーロ(約2兆5900億円)で、昨年12月の貿易黒字額である232億ユーロ(約3兆200億円)と比較すると、貿易黒字は減少した。

2017年のユーロ圏の貿易収支(季節調整前)は2360億ユーロ(約30兆6800億円)の黒字となったが、2016年の黒字額である2653億ユーロ(約34兆4900億ユーロ)は下回った。

昨年1年間でみると、輸出額の伸びに対し、輸入額の伸びが大きかったことが、黒字額の縮小につながった。

ユーロ圏の貿易黒字 為替相場への影響は限定的

3月19日、ユーロ・ドルは0.47%上昇し、1ユーロ=1.2346ドルで取引されたが、その背景としては、欧州中央銀行が、今年末にも量的緩和政策を終了させるとの見方と、2019年の半ばまでに利上げの実施に踏み切る可能性があげられる。

ユーロ圏の貿易収支が黒字となったことについて、為替相場においては、大きな影響がみられなかった模様だ。

(画像は欧州連合統計局より)

▼外部リンク

欧州連合統計局(プレスリリース)
http://ec.europa.eu/

FXSTREET
https://www.fxstreet.com/

Comments are closed.