海外FXの事ならご相談ください。

2月の米財政収支 2152億ドルの赤字 前年同月比約12%増


財政赤字拡大は、減税政策が要因か

米財務省は3月12日、2月の米財政赤字が2152億ドル(約22兆8000億円)であると発表した。財政赤字は前年同月比で12.1%の増加となる。

2018会計年度(2017年10月~2018年9月)の財政赤字は、5ヶ月間の累計で3910億ドル(約41兆4500億円)となり、財政赤字は前年同期比で11.5%増加した。

先月の財政赤字が拡大した要因としては、昨年12月に成立した税制改革法があげられる。2月の源泉徴収税額は、昨年と比較すると約50億ドル(約5300億円)減少した。

トランプ政権が実施した減税政策により、2018会計年度の累計赤字額は8730億ドル(約92兆5000億円)に達する見通しだ。2017会計年度と比較すると、累計赤字額は約31%増加するとみられる。

為替相場には大きな動きがみられない状況

2月の米財政赤字が発表されたが、相場に大きな動きはみられない状況だ。

日本時間13日未明の時点では、ユーロ・ドルは、1ユーロ=1.2290~1.2340ドル前後で取引された。一方で、ポンド・ドルは1ポンド=1.3900ドルで取引され、ポンド買いがみられた。

また、ドル・円は1ドル=106円30銭前後での取引が行われた。

(画像はNYDailyNewsより)

▼外部リンク

ABC NEWS
http://abcnews.go.com/

NYDailyNews
http://www.nydailynews.com/

FXSTREET
https://www.fxstreet.com/

Comments are closed.