海外FXの事ならご相談ください。

日銀の黒田総裁が先週よりはるかに明快な発言


インフレ目標が達成されるまで金融緩和を継続

3月6日のforexliveは、同日行われた日本銀行・黒田総裁の発言を取り上げた。

総裁は依然としてインフレの下振れリスクが高く、目標の2%が達成されるまで金融緩和の程度を弱めたり終了させたりすることはできないとし、目標達成まで適切な金融緩和を継続させると語った。

先週のコメントには「2%のインフレ目標が達成される前に政策が変わる可能性がある」とした部分もあり、それに較べると今回は曖昧さが少なかった。発言ははるかに明快で確実性が感じられ、日銀が2%のインフレ目標達成まで行動を起こさないという大筋を示した。

黒田総裁は先週のコメントに対する市場の反応を見て、今回のメッセージ伝達に役立てたのだろう。

賃金上昇がデフレからの脱却を判断する上で重要

黒田総裁はインフレ目標を達成するまで必要な全ての措置を講じるとし、デフレからの脱却を判断する上で、賃金上昇が重要なファクターになると述べた。

インフレ目標が達成されたら米連銀の例に見られるように、出口戦略に関する議論が行われるだろう。その際バランスシートに与えうる影響について、日銀はブレインストーミングを行っている。

総裁は日銀の保有資産は非常に大きいが、同行の立場が深刻であるとは思わないと語った。

(画像はcommons.wikimedia.orgより)

▼外部リンク

forexlive 記事原文
http://www.forexlive.com/

Comments are closed.