海外FXの事ならご相談ください。

南ア 第4四半期の経済成長率 前期比3.1%上昇


経済成長は、農業部門と貿易が後押し

南アフリカの2017年第4四半期の経済成長率は、前期比で3.1%上昇した。ロイター通信が報じた。

経済成長率は、2016年第2四半期以来の高水準となる。市場予測は1.8%の上昇で、市場予測を大きく上回った形だ。

経済成長率の上昇は、農業部門と貿易が回復基調であることが要因とみられる。

昨年の第4四半期、農業部門は前期比で37.5%上昇した。なお、昨年の第3四半期は、農業部門は前期比で41.1%上昇しており、この数値と比較すると、第4四半期の農業部門の伸び率は低下した形だ。

しかしながら、第3・第4四半期ともに、非常に高い伸び率を記録した。

昨年、第1次産業が高い成長を遂げた背景としては、農作物の収穫量と漁獲量の増加があげられる。また、2016年には大幅な落ち込みを記録したが、その反動が生じたことも考えられる。

貿易は、第3四半期は前期比で0.1%低下したものの、第4四半期は前期比で4.8%上昇した。

市場予測よりも高い経済成長で、ランドが買われる

南アフリカにおける第4四半期の経済成長率が、市場予測よりも高かったこともあり、ドルに対して南アランドが買われる展開となった。

3月5日の時点では、1ドル=12ランド前後の値を付けていたが、その後はランドが買われ、6日には一時的に1ドル=11.7300ランド前後で取引された。

(画像はREUTERSより)

▼外部リンク

REUTERS
https://www.reuters.com/

MarketPulse
https://www.marketpulse.com/

Comments are closed.