海外FXの事ならご相談ください。

2月の米ISM非製造業景況感指数は59.5 前月よりやや低下


前月に続き、指数は59ポイント台を維持

米サプライマネジメント協会(ISM)は3月5日、2月のISM非製造業景況感指数を59.5と発表した。前月より0.4ポイント低下した。

同指数が50を超えている場合、非製造業は好況と判断されるが、指数は50を大きく上回る状況が続く。

前月と比較して数値が大きく変化した項目は、雇用と新規受注だ。雇用は55.0で前月より6.6ポイント低下した。一方、新規受注は64.8で前月より2.1ポイント上昇した。新規受注の指数は2005年以来の高水準だ。

ISMは、17の業種のうち、16の業種において成長がみられたことを踏まえ、米経済には力強さがみられるとの見解を示した。

指数が市場予測を上回ったことから、ドル買いの展開に

同指数について、市場では59.0ポイント前後と予測していたが、同指数は市場予測を上回ったこともあり、円が売られ、ドルが買われている状況だ。

5日の時点では、1ドル=105円台半ばでの取引が行われていたが、日付が変わって6日になるとドル買いが進み、6日の未明には、1ドル=106円台前半で取引された。

一方で、ユーロ・ドルには大きな動きがみられず、1ユーロ=1.2320ドル前後で推移した。

(画像はCNBCより)

▼外部リンク

CNBC
https://www.cnbc.com/

MarketWatch
https://www.marketwatch.com/

FXSTREET
https://www.fxstreet.com/

Comments are closed.