海外FXの事ならご相談ください。

FXリスクは限定的・マレーシア新政権の財務管理と経済改革


マレーシアの経済的見通しは?

THE EDGE MARKETSは7月2日、マレーシアの債務に関して、97.7%はマレーシア通貨・リンギットで表示されているため、リスクは大きなものではないという世界銀行のレポートを掲載している。

マレーシアの経済成長は順調?

世界銀行のエコノミストによると、マレーシア政府では1兆5,000億リンギットの負債が発生しているが、97.7%はリンギットで表示されているため、グローバル視野では同国の債務水準は大きなものではなく、FXなどのリスクは限定的であるとしている。

国の債務の過半数は中期的な視野に立っており、そのうち70%は3年以上の債務計画に基づいている。重要なのは同国の新政権が透明性のある債務管理を行うことだという。

それに加え近年は高所得者が増加。GDP(国内総生産)の伸び率は順調であり、成長への改革は進んでいると述べている。

新政権の債務管理と経済促進の手腕

レポートによると改革では、世帯の40%に経済的利益をもたらす必要があり、財政の収支効率維持、高齢化社会に適応する回復力への強化を行うことで可能性が得られると指摘。

それにはデジタル経済の改革も組織規模で改善する必要がある。例えばビジネスでは62%がインターネットに接続されているが、ウェブの存在は28%にとどまっており、デジタルプラットフォーム利用の普及を図ることによって、市場競争を促すことができるとしている。

(画像は写真ACより)

▼外部リンク

THE EDGE MARKETS
http://www.theedgemarkets.com/

Comments are closed.