海外FXの事ならご相談ください。

上半期を終わり6月の市場をふり返る


6月最終週は世界の主要株式市場がダウン

Daily Forexは7月2日、先週1週間の取引状況をまとめた。先週末は月末にもあたり、今年の前半が終了した。

先週、世界の主要な株式市場は安値で市場を閉じた。

ヨーロッパではロンドンのFTSEが1週間で0.59%下降、6月全体で0.84%下がった。ドイツのDaxはそれぞれ2.2%減、3.3%減、フランスのCACは最終週に1.2%低下し、6月全体では2.6%安値となった。

ニューヨークのDowは先週1.3%減、6月全体では1.5%安値となった。Nasdaqは先週2.4%安値となったが、月間では0.58%減だった。日経225は先週0.94%ダウン、6月全体では0.6%上昇した。

通貨市場ではユーロの健闘が目立った

ドルは対ポンドで先週0.45%アップ、6月全体では1.2%上昇した。対ユーロでは週間で0.39%安値、月間では0.02%アップでほとんど変化がなかった。対日本円では先週だけで0.67%、6月全体で1.1%上昇し、110.7円となった。

ユーロは対日本円で終値129.3円、先週、6月ともに1.1%上昇した。対ポンドでは1週間で0.84%、月間で1.2%上昇した。対スイスフランで終値は1.1586CHF、先週は0.62%アップ、6月全体では0.54%上昇した。

商品市場ではブレント原油が1週間で4.7%上昇、月間では3.2%アップした。金相場は1週間で1.5%ダウン、6月は3.2%安値となった。

(画像はpixabay.comより)

▼外部リンク

Daily Forex 記事原文
https://www.dailyforex.com/

Comments are closed.