海外FXの事ならご相談ください。

ポジティブなユーロゾーン・データにより通貨はポンドに対して好調


EUR/GBPの為替レート

Euro Exchange Rate Newsは6月25日、ユーロ(EUR)/ポンド(GBP)の為替レートについて報道。最新のユーロゾーン・データに印象づけられ、ユーロは先週ベストな水準で取引を終えたとしている。

ユーロゾーン・データにより堅調

EUR/GBPは先週0.8741レベルで開始。その後、欧州離脱の不安やイタリアの政治情勢などが緩和したことを理由に、投資家のユーロ買い戻しが行われた。

ポンドは木曜日に1ユーロ0.8730まで下落したが、ユーロゾーン・データにより回復し、金曜日には0.8802ポンドとなった。最終取引は1ユーロ0.8790。ユーロゾーンの情勢による信頼感が再び回復したおかげで、今週の市場開始は高値を示し、堅調な推移をみせている。

予想を上回るユーロゾーンの信頼感とデータの傾向が続けば、EUR/GBPの為替レートはさらなる利益につながる可能性がある。

さらなるデータでさらなる利益の可能性も

投資家はユーロゾーンの経済成長の減速が欧州中央銀行(ECB)の金利引き上げの躊躇につながることを懸念していたが、今回のデータによって引き上げへの期待が高まり、投資への魅力になると予測している。

水曜日にはフランスとドイツで6月分、ユーロゾーンで7月分の消費者信頼感指数が公開される予定だ。また金曜日にはドイツでは6月の国内のインフレ予測、ユーロゾーンのインフレ予測、小売売上高と失業率などが発表される。

(画像は写真ACより)

▼外部リンク

Euro Exchange Rate News
https://www.euroexchangeratenews.co.uk/

Comments are closed.