海外FXの事ならご相談ください。

ブレグジット投票から20カ月、ポンドの回復を見よ


ポンドは過去6カ月、主要10通貨の中で最高の成績

ロンドンを本拠地とするFinancial Timesは2月26日、英国のEU脱退を決めた国民投票以来のポンドの動きを振り返った。

EU脱退が決定した投票以来、20カ月経った。為替市場におけるポンドの動きを見ると、その期間を二つに分けることができる。

最初の段階は14カ月続き、ポンドはドルに対して12%、ユーロに対して20%下落した。英国経済の不確実性が増大し、ちょっとした政治の問題や経済不調のニュースでポンドの価格が頻繁に動き、まるで新興市場の通貨のようだと言われた。

しかし過去6カ月に渡る2番目の段階で、ポンドはG10の貨幣の中で最高の成績を収め、市場を驚かせた。

英国株は低調、しかしポンドには期待を捨てていない

ポンドはドルに対して9%上昇した。全体的に軟調なドルに対する上昇は困難ではないが、ユーロ圏の経済が強化してきているにもかかわらず、対ユーロでも昨年8月から5%上昇している。

ポンドは現在、対ドルではブレグジット投票前に近いレベルで推移している。

ブレグジットは株式市場には強く影響を残しており、英国株は今年、他国企業の株式の後塵を拝している。しかし為替市場では、投資家達は最悪を予想していないようだ。少なくとも「新興市場の通貨のようだ」という言葉は聞かれなくなった。

(画像はmaxpixelより)

▼外部リンク

Financial Times 記事原文
https://www.ft.com/

Comments are closed.