XM(XMTrading)の入金や出金方法は?おすすめの入出金方法と注意点なども解説

XM.com 0.8pipキャッシュバック!キャッシュバック口座開設はこちら

XM(XMTrading)には多数の入金・出金方法が用意されています。しかし、方法を間違えると出金対応が難しくなる、入金反映までに多くの時間がかかるといった問題が生じます。本当に利用しやすい入出金方法、お得な入出金を比較しまとめました。

ここではXMの入出金方法について説明します。また、おすすめの方法や入出金時の注意点などについて解説します。

 

XMはキャシュバック口座開設可能

Wキャッシュバックキャンペーン通常キャッシュバック+10000円

ロイヤルキャッシュバックが開催中のWキャッシュバックボーナスをご利用でXM取引ごとに8.0USDキャッシュバック+さらに10,000円のキャッシュバックが発生します!

XM(エックスエム)は私達ロイヤルキャッシュバックから口座開設することで取引毎に8.0USDの現金によるキャッシュバックが発生します! キャッシュバック口座はスプレッド、レバレッジ、手数料等通常の取引口座と同じ条件で取引ができるのでとてもお得に取引ができる海外FX取引に必須のサービスになります! もちろん、FX通貨ペアの取引はもちろん、CFD取引もキャッシュバック対象となります!すでにXMをご利用の方でもキャシュバック口座は開設できるのでぜひご利用ください!

 

XM(XMTrading)のおすすめ入出金方法

XMのおすすめ入出金方法

XMへ入金する際は、クレジットカードを使うのが一番楽です。ただ、クレジットカードについては規制が強化されており、現在はVISAブランドのみが対応しています。以前まではJCBやMASTERも使えましたが、VISA以外では入金できなくなり使いづらい方法へと変わっています。

クレジットカードを回避したいと考えている人は、bitwalletを検討するといいでしょう。bitwalletは入出金までの時間が非常に短いこと、そして日本語完全対応でわかりやすいというメリットを持っています。ただ、bitwalletでは利益分の出金はできません。

利益分の出金確保のために、出金方法として国内銀行送金も用意したほうがいいでしょう。利益が出ていない分についてはbitwalletで出金し、利益分が発生している場合は国内銀行送金を使って出金させる方法が一番使いやすいでしょう。

XM(XMTrading)の入出金方法

XMが採用している入出金方法は以下の通りです。

・クレジットカード(VISAのみ)
・bitwallet
・STICPAY
・BXONE
・国内銀行送金

以上の方法に対応しています。クレジットカードはデビットカードも対象に含まれていますが、デビットカードの場合は銀行口座に必要な資金が用意されていないと入金できません。

bitwallet、STICPAY、BXONEの3つは海外で利用されている送金サービスとなります。どちらも入金と出金の両方で使えますので、自分が利用しやすいサービスを使うといいでしょう。日本語完全対応のbitwalletは初心者でも安心です。

ここからは、XMが採用している入出金方法について詳しく説明します。

クレジットカード

XMへのVISA入金

クレジットカードは先程も説明したとおり、VISAブランドのみ対応しています。他のブランドについては入金方法として利用できません。また、デビットカードもVISAブランドであれば入金可能です。

クレジットカード入金は、銀行にお金がない場合でも入金対応が可能です。しかし、この後で返済の義務が生じますので、将来的な返済も含めてしっかり対応していく必要があるでしょう。あまり大きな金額を入金すると支払えなくなります。

クレジットカードを利用する方法の特徴は以下の通りです。

・即時反映される
・クレジットカードの限度額まで入金可能
・出金方法としては事実上利用不可
・カード業者が制限する場合あり

入金方法としては一番使いやすく、即時反映で入金されるメリットを持っています。また、クレジットカードは限度額までなら入金できますので、限度額の大きなクレジットカードであれば大金を入れられます。ただ、入金額を返済できない可能性が高くなります。

悪い点としては、出金方法としてクレジットカードは事実上選択できない点です。クレジットカードは入金履歴を取り消すことで出金扱いとなりますが、削除されるまでに2ヶ月程度必要な場合もあり、時間がかかります。出金方法としては不向きです。

他にも日本のカード会社の場合、海外FXなどで利用されるリスクが高いと判断し、制限を加えている可能性もあります。この制限を受けているクレジットカードでは入金対応ができません。

bitwallet(ビットウォレット)

XMへのBitwallet入金

bitlwalletは、日本語に完全対応している海外の入出金サービスです。

一時期XMでは利用停止の措置が取られていましたが、現在では再開しています。過去に利用できた時と同じように入出金対応が可能となっていますので、慣れている人はこちらを利用するといいでしょう。

bitwalletの特徴は以下の通りです。

・入金の反映が早い
・出金手数料が安い
・bitwalletへの入金方法が豊富
・利益分は出金不可

入金手続きの反映までに時間がかからないメリットを持っていますし、bitwalletから銀行へ送金する際の手数料は他の方法に比べてやすくなります。また、bitwalletへチャージするための方法も多く、国内銀行から送金する方法でチャージできる利点もあります。

一方で、XMで発生している利益について、bitwalletでは出金できません。出金できるのは入金額と同額までで、それ以上の出金対応はできません。利益が出ている場合にはbitwallet以外の方法を利用しなければなりません。

STICPAY

XMへのSticpay入金

STICPAYはbitwallet同様、海外で利用されている入出金サービスです。

こちらも日本語対応がしっかりしており、英語がわからなくても入出金対応は可能です。また、STICPAYへ入金する方法についても色々な手段が用意されており、チャージするための負担は軽減されています。

STICPAYの特徴は以下の通りです。

・対応が早い
・XMの手数料は無料
・少額から出金可能
・STICPAYから出金する際の手数料が高い

STICPAYは対応が早く、すべての手続が即時反映となります。入出金の際に待たされる心配はなく、すぐに反映されるのはいいところでしょう。また、XMへ入金する際、またはXMから出金する際の手数料は無料となっています。

入出金は少額から可能となっているため、あまり大きな入金をしない人、出金する金額が少ない人も安心して利用できます。しかし、STICPAYから銀行口座へ出金する際の手数料がかなり高くなっており、bitwalletに比べると使いづらい傾向があります。

BXONE

BXONE

BXONEも先ほど紹介した2つのサービスと同じように、海外で利用されている入出金サービスです。

日本語への対応があまり良くない点もあり、利用している人は少ない傾向があります。海外FXでもXMが対応しているのはかなり珍しいとされているほど、利用できる範囲も狭い傾向があり、あまり推奨されている方法ではありません。

BXONEの特徴は以下の通りです。

・入出金の反映は早い
・他に対応している海外FXがbigbossのみ
・手数料も割高
・日本語対応が悪い

入出金の反映はかなり早くなっているため、bitwalletやSTICPAYと同じような対応が期待できるでしょう。しかし、他に対応している海外FXが少ないことに加えて、手数料が非常に割高な設定となっていることから、他のサービスよりも使い勝手がいいものではありません。

国内銀行送金

XMへの国内銀行入金

最後に国内銀行送金です。こちらについては国内の銀行から入金、国内の銀行へ出金していく方法を利用します。

銀行送金はすぐに反映されないデメリットはあるものの、XMで唯一利益分の出金を可能にしています。利益を出したい場合は国内銀行送金が絶対に必要となりますので、どのような場合でも出金先の口座は準備しておきましょう。

国内銀行送金の特徴は以下の通りです。

・日本の銀行はほぼ対応している
・出金対応はほぼ確実に行われる
・入出金までにかかる時間が長い
・手数料は高い

日本の銀行はほぼ全て対応していますが、一部対応していない銀行がありますので注意してください。対応していない銀行はXM側でエラーが発生し、出金対応ができなくなっています。また、海外FXで問題視されている、出金対応ができない問題はXMで発生していません。

一方で入出金の反映までにかかる時間は相当なもので、場合によっては出金対応が1週間を超えるケースもあります。他にも出金手数料がかなり高く設定されているなど、手数料をどのように削減していくかが求められます。

XM(XMTrading)の入出金方法比較

対応している入出金方法から、手数料などの数字を比較してみました。

入出金方法 最低入金額 最低出金額 手数料
クレジットカード
500円
500円
無料
bitwallet 無料(bitwalletから出金する際は824円が必要)
STICPAY 無料(STICPAYから出金する際は800円+出金額の1.5%を負担する)
BXONE 無料(BXONEから出金する際は最低2,000円が必要)
国内銀行送金
500円
(サービスによっては2,000円)
10,000円
入金は1万円未満が980円
出金は40万円未満で2,500円
この他に振込手数料が必要

このように、手数料についてはサービス毎に異なります。入出金サービスから銀行へ送金する際の手数料はかなり違いがあるため、手数料の少ないサービスを利用したほうがいいでしょう。

一方で国内銀行送金については、入出金額が一定条件を達成できれば手数料を減らせます。しかし、出金手数料は40万円という高額な数字となっていますので、よほど多くの利益を出さないと出金手数料の負担は避けられなくなります。また、振込手数料は絶対に必要となります。

XM(XMTrading)の入出金方法の注意点

XMでは入出金方法の注意点がいくつかあります。以下のポイントには気をつけておきましょう。

・入金と出金は同じサービスを利用する
・国内銀行送金はSWIFTコードなしでは対応不可
・ボーナスは出金不可
・ポジション保有中は証拠金150%以下の出金不可
・メンテナンス中は入出金不可

このような注意点がありますので、利用する際は気をつけてください。特に国内銀行送金のSWIFTコードについては、初心者には分かりづらい部分もありますので、しっかり確認しておきましょう。

ここからは、XMの入出金方法で注意すべきポイントを詳しく説明します。

入金と出金は同じサービスを利用する

XMでは入金で利用したサービスは出金でも利用しなければなりません。勝手にサービスを変更してはいけないルールが適用されています。

例えば、bitwalletで入金した場合、出金できる方法はbitwalletとなります。出金はSTICPAYに変更するといった方法は使えませんので、出金についても同じ方法を利用してください。なお、利益分は国内銀行送金を利用しても問題ありません。

このルールを知らないまま出金対応を行うと、エラーが発生して出金対応ができなくなります。必ず入金した方法と出金する方法を同じものにしておきましょう。

なお、クレジットカードについては、基本的に出金対応ができないものとなりますので、国内銀行送金については自動的に選択できるようにしています。

国内銀行送金はSWIFTコードなしでは対応不可

この注意点は多くの人が知らないため、しっかり覚えておく必要があります。

XMのSwiftコード

国内銀行送金を利用する際、出金先の銀行を証明するためのSWIFTコードを入力しなければなりません。このSWIFTコードが無い銀行へは出金できません。また、SWIFTコードに誤りがあれば出金対応はできません。

SWIFTコードというのは、銀行ごとに割り振られている番号のことです。例えば、日本銀行であれば「BOJPJPJT」、楽天銀行は「RAKTJPJT」というコードがあります。この番号を国内銀行送金時に入力しなければ、XM側で銀行を把握できないため出金できないというものです。必ずコードを調べて、出金時に記載するようにしましょう。

なお、SWIFTコードを持っていない主要銀行は以下の通りです。

・paypay銀行
・セブン銀行

ボーナスは出金不可

XMで提供されたボーナスは出金不可能となります。

ボーナスはXMの取引で利用するものとして準備されています。出金できる方法はありませんので、全て使い切ってください。海外で提供されているオンラインカジノのように、一定の金額を利用すればボーナスも出金可能になるというサービスはありません。

ポジション保有中は証拠金150%以下の出金不可

XMはポジション保有中も出金対応が可能です。ただ、ポジション保有中は証拠金150%以下になる出金対応はできなくなります。

これは証拠金が不足することにより、ポジションを強制的に決済するロスカットの対象となるためです。ロスカットを出金手続きで発生させるのはXM側としては避けたいため、ポジション保有中の出金は証拠金150%までに制限するようにします。

ポジション保有中は証拠金が不足しないか確認した上で出金対応を検討してください。

メンテナンス中は入出金不可

入出金サービスがメンテナンス中の場合は、入金も出金も対応できません。

メンテナンスは各入出金サービスでタイミングが記載されています。記載されているタイミングを避けて入出金を検討してください。メンテナンス中はXMでの入出金手続きは可能となりますが、入出金サービス側のログインができないため入出金対応が完了しません。

XM(XMTrading)の入金・出金方法まとめ

XMTrading

XMでは入出金方法を数多く揃えています。どの入出金方法を選ぶのかによって、手数料などの金額が変わってくる点に注意しておきましょう。また、入金と出金は基本的に同じサービスを利用する必要があるため、出金を考慮して入金方法を選んだほうが安心です。

更新日:

Copyright© 海外FXキャッシュバック口座開設ならFXRoyalCashBack , 2021 All Rights Reserved.