TitanFX(タイタンFX)の入金や出金方法は?おすすめの入出金方法と注意点なども解説

ZEROPointによる最狭低スプレッドを実現、専用回線による平均99.998%強力約定!ゼロカット方式による追証無し!キャッシュバック口座開設はこちら

TitanFX(タイタンFX)は多数の入出金方法を持った海外FXです。どのような入金方法があるのか、出金方法として利用できる手法は何か、情報をしっかり理解することにより、TitanFXから正しい方法で入出金ができるようになるでしょう。

ここではTitanFXの入出金方法について説明します。また、おすすめの方法や入出金時の注意点などについて解説します。

TitanFXはキャシュバック口座開設可能

Wキャッシュバックキャンペーン通常キャッシュバック+10000円

ロイヤルキャッシュバックが開催中のWキャッシュバックボーナスをご利用でTitanFX取引ごとに4.0USDキャッシュバック+さらに10,000円のキャッシュバックが発生します!

TitanFX(タイタンFX)は私達ロイヤルキャッシュバックから口座開設することで取引毎に4.0USDの現金によるキャッシュバックが発生します! キャッシュバック口座はスプレッド、レバレッジ、手数料等通常の取引口座と同じ条件で取引ができるのでとてもお得に取引ができる海外FX取引に必須のサービスになります! もちろん、FX通貨ペアの取引はもちろん、CFD取引もキャッシュバック対象となります!すでにTitnaFXをご利用の方でもキャシュバック口座は開設できるのでぜひご利用ください!

TitanFX(タイタンFX)のおすすめ入出金方法

TitanFX

TitanFXへ入金する際は、クレジットカードを使うのが一番楽です。TitanFXでは多数のクレジットカードブランドが対応しているため、他の海外FXよりもクレジットカード入金が行いやすくなっています。入金方法で迷っている人はクレジットカードを検討してください。

クレジットカード以外の方法で入金したいと考えている人は、日本語に完全対応しているbitwalletが一番使いやすいでしょう。bitwalletはクレジットカードとは異なりアカウントへのチャージが必要となっていますが、出金対応も受けられるメリットがあります。

出金方法についてはbitwalletが使いやすいサービスとなりますが、他にも銀行送金によって大金を出金する方法もあります。bitwalletを利用している人はbitwalletへの出金が、望ましいものの、それ以外のサービスであれば銀行での出金を考慮したほうが無難です。

TitanFX(タイタンFX)の入出金方法

TitanFXが採用している入出金方法は以下の通りです。

・クレジットカード
・bitwallet
・STICPAY
・国内銀行送金

以上の方法に対応しています。クレジットカードはデビットカードも対象に含まれていますが、デビットカードの場合は対応しているブランドと銀行にお金が無ければ入金できません。

bitwalletとSTICPAYは海外で利用されている送金サービスとなります。どちらも同じように使える入出金サービスではありますが、bitwalletのほうが出金手数料を抑えられるメリットがあるため、多少ではありますが使い勝手は良くなっています。

銀行は国内銀行のみの対応となります。国際銀行を利用して出金する方法は用意されていませんので、国内の銀行口座を利用してください。

ここからは、TitanFXが採用している入出金方法について詳しく説明します。

クレジットカード

AXIORYクレジットカード入金

クレジットカードはTitanFXの主力として利用されています。クレジットカードは短時間で入金できるメリットを持っている他、クレジットカードの限度額まで入金手続きができるため、割と多くの金額が入金できるメリットを持っています。

TitanFXでは複数のクレジットカードブランドに対応しています。対応しているブランドは以下の通りです。

・JCB
・VISA
・MASTER
・AMEX

以上のブランドが利用可能です。MASTERは海外FXでの利用が難しいブランドとなっていますが、TitanFXに関しては利用可能となっています。また、AMEXについても入金対応が可能となっており、AMEXブランドを持っている人も気軽に入金できます。

クレジットカードを利用する方法の特徴は以下の通りです。

・即時反映される
・クレジットカードの限度額まで入金可能
・銀行に資金がない場合でも利用可能
・カード業者が制限する場合あり
・入金できる通貨に制限あり

即時で反映される入金方法として非常に使いやすいのは間違いないでしょう。また、クレジットカードの限度額まで入金できる方法で、後からカード会社に支払う手法となりますので、銀行にお金が入っていない場合でも入金対応が可能です。

ただ、クレジットカードのブランドが対応していたとしても、入金手続きができない場合もあります。これはクレジットカード会社側で対応が止められているためです。様々なカードを試して、クレジットカード入金が可能となっているものを利用するといいでしょう。

また、クレジットカード入金ですが、カードブランドによって入金できる通貨が異なります。

VISA,MASTER,JCB 日本円、米ドル、シンガポールドル、ユーロ
AMEX 米ドル

日本円が一番使いやすい通貨となりますが、AMEXでは日本円での入金はできなくなっていますので注意してください。VISAとMASTER、JCBは幅広い通貨に対応しているため、割と入金しやすい傾向があります。

bitwallet

Bitwallet

bitwalletは入金方法として期待されているサービスで、海外FXでは利用される傾向が多くなっています。安定した入金手続きが可能となっている他、出金でも利用できる利便性があり、ユーザーからの信頼性も高くなっています。

bitwalletでの入金方法ですが、TitanFXへチャージするためにアカウントへの送金が必要です。チャージされた金額をTitanFXへ送金して入金する形になりますので、事前の手続きはクレジットカードよりも多くなります。

bitwalletの特徴は以下の通りです。

・入金の反映が早い
・出金対応も可能
・出金は入金でbitwalletを利用した場合のみ利用可能
・異なるメールアドレスのアカウントは利用不可

bitwalletは入金の反映も早い傾向があり、出金対応についても簡単にできるメリットがありますしかし、入金と出金方法は同じものを採用しなければなりませんので、入金でbitwalletを利用した場合のみ出金対応ができるものと判断し、事前に準備する必要があります。

また、異なるメールアドレスをbitwalletで利用していた場合、入金対応等ができなくなります。これはマネーロンダリングを回避するために用いられているもので、他のサービスでも同様の措置が取られています。

STICPAY

AXIORYSticpay入金

STICPAYは海外で利用されている入出金サービスです。基本的なルールはbitwalletと同じものが採用されていますが、出金手数料が高くなっています。bitwalletを利用している人にとって、少し手数料が高いと感じられるサービスとなるでしょう。

こちらも日本語対応がしっかりしており、日本語を設定しておけば簡単に出金手続きが可能となります。また、入出金については素早い対応が取れるようになっていますので、bitwalletと送金できるスピードだけなら同等くらいのレベルを確保しています。

STICPAYの特徴は以下の通りです。

・対応が早い
・TitanFXの手数料は無料
・STICPAYからの出金手数料は高い
・異なるメールアドレスを利用していると出金できない

STICPAYは対応が早く、TitanFXから出金する際に手数料は発生しません。しかし、STICPAYから出金する際の手数料は割高になっており、手数料を考慮すると他の方法を利用して出金したほうがいい場合もあります。

また、bitwalletでも採用されている、異なるメールアドレスを利用した場合はSTICPAYへ出金できません。マネーロンダリングの関係もあるため、メールアドレスはしっかり統一しておきましょう。

国内銀行送金

国内銀行送金

国内銀行送金は国内の銀行からTitanFXへ送金する方法です。海外FXは国内銀行から送金する方法を採用していないケースが多く、入金方法としては使いづらくなっていますが、TitanFXでは入金対応も可能となっています。

入金方法として利用する場合、TitanFX側が設定した厳しい条件に対応する必要があります。一方で出金対応については高額な出金を可能にしているなど、TitanFXを利用する際の出金方法としては一番使いやすいでしょう。

国内銀行送金の特徴は以下の通りです。

・入出金の上限が高い
・国内銀行へ直接出金できる
・出金されるまでに時間がかかる
・入金の下限がかなり高い

入出金の上限がかなり高く設定されているため、入金対応も出金対応も金額を気にせずできるのはいいところでしょう。ただ、入金の場合は入金下限がかなり高くなっており、入金するためにはまとまった金額を入金しなければなりません。

また、銀行による入金手続きは時間がかかってしまうという問題があります。TitanFXでは他社よりも早い対応を取っていますが、それでも1営業日以上の時間がかかってしまいます。ある程度余裕を持って入金できる人などが利用する方法です。

TitanFX(タイタンFX)の入出金方法比較

TitanFXで対応している入出金方法から、手数料などの数字を比較してみました。

入出金方法 最低入金額 最低出金額 手数料
クレジットカード 1円 1円 なし
bitwallet 110円 1円 なし
STICPAY 3,000円 200円 なし
国内銀行送金 10万円 10,000円 銀行の振込手数料が必要

最低入金額や最低出金額は上記のように設定されます。クレジットカードは最低入金額も最低出金額も1円と非常に低くなっており、自分が希望している金額を入金できるメリットがあります。

他の入金方法も手数料などは基本的に請求されませんが、国内銀行送金は銀行の振込手数料について負担する必要があります。また、国内銀行送金は最低入金額も最低出金額もかなり高くなっていますので、まとまった金額を入出金しなければ出金対応が受けられません。

なお、国内銀行送金以外の方法では、初回の入金額が2万円以上となるよう調整しなければなりません。2万円以下の入金を提示した場合はエラーが表示されて入金できません。最低入金額は2回目以降に適用されるものと判断してください。国内銀行送金については初回から10万円以上となります。

TitanFX(タイタンFX)の入出金方法の注意点

TitanFXさでは入出金方法の注意点がいくつかあります。以下のポイントには気をつけておきましょう。

・クレジットカード出金は入金額まで対応
・入金方法と同じ方法で出金しなければならない
・ポジション保有中は90%以下の証拠金で出金不可
・出金方法は優先順位がある
・入金額は上限あり
・メンテナンス中は入出金不可

このような注意点があります。TitanFXで一番気をつけたいポイントとしては、入金と同じ方法を採用して出金する必要がある点です。また、出金方法の優先順位は、複数の入金方法を利用している場合に適用されるサービスとなりますので、複数の方法を利用した場合は気をつけましょう。

ここからは、TitanFXの入出金方法で注意すべきポイントを詳しく説明します。

クレジットカード出金は入金額まで対応

クレジットカード1JCB

クレジットカードで入金した場合、クレジットカードによる出金は入金額までの対応となります。利益については別の方法で出金する必要があります。

TitanFXでは、クレジットカードによる入金をしたユーザーもクレジットカードで出金するルールがあります。このルールに違反した場合は出金できません。また、クレジットカードで出金する金額は、入金額を超えるように設定してはいけません。

クレジットカード出金は入金額までの対応を取り、それ以外の利益分については別の方法で出金するようにしましょう。利益については国内銀行送金を使うのが一般的な手法です。

なお、AMEXによる入金はクレジットカードで出金できないため注意してください。

入金方法と同じ方法で出金しなければならない

TitanFXは入金方法と出金方法を同じものにしなければなりません。

例えば、bitwalletで入金したユーザーは、bitwallet以外の出金方法を選択できません。同様にSTICPAYを利用した場合でもSTICPAY以外の出金方法は認められず、出金方法は入金方法と同じものを必ず選択しなければなりません。

他の方法を選択したことで、TitanFXから出金できないような状況だけは作らないようにしましょう。事前に入金した方法を覚えておき、同じ方法を利用して出金するよう心がけてください。

ポジション保有中は90%以下の証拠金で出金不可

TitanFXでポジションを保有している間、出金させられるのは証拠金90%までに制限されます。90%以下の出金対応は認められません。

ポジションを保有しながら出金できるのは大きなメリットですが、出金できる金額は90%までで、90%以下になるような出金手続きはすべて拒否されます。出金させるためには現在保有しているポジションを決済しなければなりません。

出金方法は優先順位がある

出金方法については、優先順位が設定されている点に注意しましょう。

これは2種類以上の入金方法を利用している場合に適用されます。異なる方法で入金した場合、出金方法は以下の順位に沿って手続きしなければなりません。

1位 クレジットカード
2位 STICPAY
3位 国内銀行送金、bitwallet

この順位に沿って出金手続きをしなければなりません。優先順の低い決済から出金手続きをすると拒否されてしまいます。

具体的な例として、クレジットカードとbitwalletで入金していたとします。この場合クレジットカードの出金を優先して行い、次にbitwalletによる出金手続きが必要となります。bitwalletから出金手続きを開始すると出金拒否されるため注意してください。

入金額は上限あり

入金額については上限が設定されているため気をつけてください。

クレジットカード(VISA,MASTER) 1,000万円
クレジットカード(JCB) 100万円

(24時間で20万円までの制限あり)

クレジットカード(AMEX) 800ドル

(24時間で3回までの制限あり)

bitwallet 1,000万円
STICPAY 1,000万円
国内銀行送金 1,000万円

特にクレジットカードは、ブランドによって入金できる金額に制限が設けられます。1回の入金で厳しい制限を受けるJCBとAMEXは入金額に注意する必要があります。

メンテナンス中は入出金不可

入出金サービスがメンテナンス中の場合は、入金も出金も対応できません。

また、TitanFXがメンテナンス中の場合、入出金対応ができないためこちらも入出金不可能になります。入出金を希望する場合は、TitanFXのメンテナンスが終わってから対応しましょう。

TitanFX(タイタンFX)入金・出金まとめ

TitanFXまとめ

TitanFXはクレジットカードの対応ブランドが非常に多く、入出金サービスについても複数の業者に対応しています。複数の方法で入金対応を行うと、出金ルールが複雑になる可能性があるため気をつけておきましょう。

   

 

 

更新日:

Copyright© 海外FXキャッシュバック口座開設ならFXRoyalCashBack , 2021 All Rights Reserved.