Ox Securitiesの特徴とは?安全性や評判も解説!

最終更新日 2022年6月2日

oxsecurities

スワップポイントの数字が他社よりも優れている傾向にあり、他にはないサービスを提供していることでも知られているOx Securities。海外FXでの知名度はあまり高くありませんが、日本語サポートが充実しているなど、他にはないメリットをもたらしてくれます。

この記事では、Ox Securitiesの特徴について説明します。また、実際に利用している人の評判や業者の安全性などを解説します。

海外FX業者はキャシュバック口座開設可能

Wキャッシュバックキャンペーン通常キャッシュバック+10000円

ロイヤルキャッシュバックが開催中のWキャッシュバックボーナスをご利用で海外FX業者で取引ごとにキャッシュバック+さらに10,000円のキャッシュバックが発生します!

キャッシュバック口座はスプレッド、レバレッジ、手数料等通常の取引口座と同じ条件で取引ができるのでとてもお得に取引ができる海外FX取引に必須のサービスになります! もちろん、FX通貨ペアの取引はもちろん、CFD取引もキャッシュバック対象となります!すでにご利用の中の業者でも新たにキャシュバック口座は開設できるのでぜひご利用ください!

Ox Securitiesとは?

Ox Securitiesは2013年にオーストラリアで創業されたFX業者で、日本へのサービスも近年になってスタートしました。サービスを開始した当初から日本語サポートが充実しており、日本人でも安心して利用できる業者としてサービスを提供できている傾向があります。

取引できる銘柄があまり多くない傾向があるものの、取引の主軸として通貨ペアを大量においている傾向があり、じっくり通貨ペアによる取引を検討している人に向いている業者となります。一方で取引銘柄が少ない点を指摘している人も多くいます。

Ox Securitiesとの基本的なスペックは以下の通りです。

レバレッジ 最大500倍
スプレッド 最低0.0pips
取引銘柄 80種類以上
取引手数料 なし
最小取引ロット 0.01ロット
初回入金額 指定なし
取引手法 制限なし
取引システム MT4
利用できる基本取引通貨 日本円,米ドル

レバレッジは最大500倍に設定され、海外FXでは一般的な数字に設定されています。スプレッドは最小で0.0pipsを達成できると説明していますが、平均的には他社とスプレッドの数字が大きく変化しているわけではありません。口座によってはスプレッドが広がりやすくなります。

取引銘柄は80種類以上準備していると説明していますが、大半は通貨ペアになります。通貨ペアを主体に、貴金属類などが多少用意されている程度となります。他の項目は他社とあまり変わらないものの、入金額の制限が設けられていない点が珍しいところです。

Ox Securitiesの特徴

oxsecuritiesの特徴

Ox Securitiesの特徴は以下の通りです。

・スワップポイントの数字がいい
・日本語サポートが充実している
・利用できる口座は2種類
・定番とされているMT4を採用

このような特徴があります。Ox Securitiesではスワップポイントを重視している部分があり、スワップポイントだけで多くの利益を叩き出せる可能性があります。また、利用できる口座を2つ準備していることで、自分が希望している口座で取引できるメリットがあります。

ここからは、Ox Securitiesの特徴を詳しく説明します。

スワップポイントの数字がいい

Ox Securitiesはスワップポイントが他社よりも優れている傾向があります。過去のデータではありますが、スワップポイントが以下の数字で提供されていました。

買い 売り
米ドル/円 -6 -22
ユーロ/円 -30 5
ポンド/円 -13 -29
豪ドル/円 -5 -10
スイスフラン/円 -36 11
米ドル/ユーロ -40 12

数字こそ地味な感じを受けるかもしれませんが、スワップポイントが極端にマイナスになっているものが少ないことを考えると、スワップポイントによる損失を抑えやすいメリットがあります。また、プラスとなっているスワップも多数用意されていることから、スワップで稼ぐという方法が取りやすくなっています。

全体的にスワップポイントで稼ぎたいと考えている人におすすめの業者であるのは間違いなく、金利差が発生している現在であればより多くの利益を出してくれる銘柄もあります。多数の銘柄からスワップで優れているものを選び、実際に取引して利益を出していくといいでしょう。

日本語サポートが充実している

Ox Securitiesは日本語で安心して利用してもらえるように、日本語のサポート体制を充実しています。日本語で問い合わせができるシステムを準備していることもあり、簡単にわからないところを教えてくれる点もあります。サイトも日本語表記がしっかりしているので安心できます。

日本語のサポートが充実していないサイトを利用すると、わからない点を相談することができなくなってしまいます。Ox Securitiesのように日本語サポートが充実しているところでは、安心してサービスを利用できる傾向があります。安心して利用したいのであればOx Securitiesはおすすめできるでしょう。

利用できる口座は2種類

oxsecurities取引口座

Ox Securitiesで提供されている口座は2種類あります。2つの中からどちらを利用していくか自分で決める必要があるものの、どちらも利用しやすいように作られているので安心してください。

スタンダード口座

スタンダード口座は一般的な口座として準備されているもので、次に紹介する口座に興味がなければこちらを開設することが多くなります。基本的なスペックで提供されていることもあり、誰でも利用できる傾向があります。

スタンダード口座のスペックは以下の通りです。

スプレッド 最小1.0pips
取引手数料 無料
レバレッジ 最大500倍
最低入金額 なし
プラットフォーム MT4
スワップポイント あり(一般的な数字)
最小ロット 0.01ロット
利用できる通貨 日本円、米ドル

基本的なスペックを採用していますので、特徴的な部分はさほど見られません。最低入金額などの制限が設けられていないのはOx Securitiesの良さでもありますので、少額で取引できるのはいいところでしょう。

プロ口座

FXのプロに向けて作られている口座です。プロが利用するためにスプレッドを軽減する方向性を採用しています。一方で手数料を請求される口座となりますので、他社で採用されているロースプレッド口座に近い傾向があります。

プロ口座のスペックは以下の通りです。

スプレッド 最小0.0pips
取引手数料 片道3.5ドル(往復7ドル)
レバレッジ 最大500倍
最低入金額 なし
プラットフォーム MT4
スワップポイント あり(一般的な数字)
最小ロット 0.01ロット
利用できる通貨 日本円、米ドル

スプレッドはかなり狭くなっていますが、取引手数料として3.5ドルの請求が入ります。ロースプレッド口座として提供されているためどうしても手数料は仕方ない点があるものの、手数料以上に稼げるように取引しなければ使いづらいでしょう。

なお、2つの口座に加えてスワップフリー口座が提供されています。こちらはイスラム教徒に向けて作られているもので、日本人はほぼ使わない口座です。スペックもスワップポイントが発生しないところ以外、スタンダード口座と同じものが採用されます。

定番とされているMT4を採用

Ox Securitiesは取引の定番とされているMT4を採用している業者です。MT4には以下のメリットがあります。

・豊富なインジケーター
・自動売買システムの安定性
・高い約定力
・スピード感のある対応

インジケーターが大量に開発されていることもあり、外部で開発されたものをそのまま持っていくことが出来るメリットを持っています。外部開発のインジケーターを導入することで、よりOx Securitiesでの取引をいいものにかえていくことが可能です。

また、自動売買システムも安定して使えるようにしています。Ox Securitiesも自動売買に対応していますので、手動で取引するのが面倒だと感じているようなら自動売買を検討してもいいでしょう。システムも外部から持ってくれば簡単に利用できます。

Ox Securitiesの安全性

oxsecuritiesの安全性

Ox Securitiesはライセンスを取得している業者です。FXを提供している業者は金融系のライセンスを取得しなければなりませんが、Ox Securitiesもしっかり必要なライセンスを取得しているので安心してください。

Ox Securitiesが受け取っているライセンスはオーストラリアで提供されているもので、海外FXでは珍しいものとなります。ただ、オーストラリアのライセンスは取得が難しいとされているため、保有しているだけで信頼性はかなりのものと言えるでしょう。

運営している会社はオーストラリアとグレナディーン諸島の2つに設けられていますが、主体として活動しているのは本社であるオーストラリアです。2つの会社に分散していることで、もしものときも安心して対応できる環境がしっかり整備されています。

Ox Securitiesのスプレッド

Ox Securitiesは2つの口座が用意されていますので、スプレッドは口座ごとに変更されます。また、基本的に変動型のスプレッドが採用され、タイミングによって大きく違いが生じています。今回紹介している数字は平均的なもので、時間帯によっては違いが発生するものと判断してください。

銘柄 スタンダード口座 プロ口座
米ドル/円 1.4pips 0.2pips
ユーロ/円 1.8pips 0.4pips
ポンド/円 2.5pips 0.7pips
豪ドル/円 2.4pips 0.9pips
NZドル/円 2.7pips 1.4pips
米ドル/ユーロ 1.2pips 0.1pips
ポンド/米ドル 2.3pips 0.4pips

スプレッドの数字は他社とさほど変わらない数字が採用されています。特出してスプレッドが広く設定されているわけでもありませんので、安心して利用できるスプレッドとなります。多少スプレッドの広いとされている銘柄で狭くなる可能性もありますが、スプレッドの数字は平均的なものです。

プロ口座のスプレッドはやや広がり感があり、平均値よりも大幅に低い数字で提供されている可能性もあります。一方で大幅に広がってしまう時間帯もありますので、広がっているタイミングには十分気をつけて取引してください。

Ox Securitiesのレバレッジ

Ox Securitiesのレバレッジは最大500倍に制限されており、それ以上のレバレッジは適用されません。レバレッジの数字としては海外FXでも平均的なものとなっており、特別低い数字が採用されているわけでもなければ、高い数字であるとも言えません。

レバレッジを制限している銘柄が一部存在しているものの、制限されている銘柄が多いわけではありません。Ox Securitiesは通貨ペアが主体となっていますので、多くの銘柄は通常通りのレバレッジで取引できるようにしています。

Ox Securitiesの取引商品

oxsecuritiesの取引商品

Ox Securitiesが提供している取引商品は以下の通りです。

・通貨ペア
・貴金属
・エネルギー
・株価指数
・仮想通貨

取引銘柄は合計して80種類以上となりますが、その中で通貨ペアが60種類以上存在します。大半が通貨ペアであることを理解して取引する必要があるでしょう。また、通貨ペア以外の銘柄については、基本とされている銘柄を除いて採用していない傾向があります。

Ox Securitiesのロスカット

Ox Securitiesのロスカットは口座によって異なります。採用されているロスカット基準は以下の通りです。

ロスカット基準 マージンコール基準
スタンダード口座 50% 90%
プロ口座 20% 90%

スタンダード口座のロスカット基準はかなり厳しく設定されています。50%を下回ると強制的にカットされてしまいますので、証拠金には十分気をつけて対応したほうがいいでしょう。プロ口座はロスカット基準が緩くなっていることを考えると、スタンダード口座だけ厳しい状況と言えます。

また、マージンコール基準はどちらも同じ数字が採用されており、90%に到達した時点で警告が入ります。早めに入金するなどしてお金を準備し、安定して取引できる環境を作り出すようにしましょう。マージンコールが入ってから対応しても遅くはありません。

なお、Ox Securitiesも海外FXで導入されているゼロカットが導入されており、口座残高がマイナスになった場合は0円に戻してくれます。

Ox Securitiesの入出金方法

oxsecurities入出金方法

Ox Securitiesが採用している入出金方法は以下の通りです。

・クレジットカード(VISA,MASTER)
・PayPal
・bitwallet
・AdvCash
・海外銀行送金

過去には採用されている方法が非常に少なく、クレジットカードすら利用できない状況になっていた。Ox Securitiesですが、現在はクレジットカードに対応するようになり、PayPalも利用できる状況になるなど、利用できる入出金方法は増えつつあります。

提供されている入出金方法の中で、一番使いやすいのはbitwalletでしょう。サービスの中で最も優れていることに加えて、日本語サービスが充実しているところも安心できるポイントとなります。どうしても利用したい時はbitwalletを軸に考えていくのがいい方法です。

なお、入出金サービスは制限が設けられていませんので、最低入金額や最低出金額を気にすることなく利用できます。希望している金額を自分で入出金させれば問題なく利用できます。入出金等の時間については下記の表を参考にしてください。

入金までにかかる時間 出金までにかかる時間
クレジットカード 最大1時間 7営業日~
PayPal 即時 基本即時
bitwallet 即時 基本即時
AdvCash 即時 基本即時
海外銀行送金 1~3営業日 1~3営業日

Ox Securitiesのボーナス

Ox Securitiesはあまりキャンペーンを開催している業者ではありませんので、ボーナスはほぼ提供されていないと言っていいでしょう。稀にキャンペーンが開催され、ボーナスを提供してくれることもありますが、現時点で開催されているキャンペーンは存在しません。

キャンペーンが開催されているタイミングであれば、Ox Securitiesへの口座開設を済ませることでボーナスを得られるチャンスがあります。しかし、多くのタイミングで開催されていないことを考えると、あまり気にすることなくサービスを利用していくのが望ましいでしょう。

Ox Securitiesの評判

Ox Securitiesの評判はこのような意見がありました。

・スワップポイントが多い
・入出金対応が早い
・取引銘柄の選択肢が少ない
・入出金方法が少ない

スワップポイントについて評価する声が多くありました。Ox Securitiesではスワップポイントが安定しており、高い水準で提供されている銘柄も用意されています。多くの銘柄で安心できる数字が実現できていることにより、長期的な取引で利用しやすい傾向があります。

また、入出金対応が早く、すぐに送金されていることが確認されています。海外FXでは入出金対応が遅い問題を抱えているところも多くなっていますが、Ox Securitiesではすぐに対応してくれるため安心できる部分があります。

一方で、取引銘柄の選択肢が少ないことで、様々な銘柄の取引ができないという不満が聞かれました。他にも入出金方法が少なく、特にクレジットカード非対応という問題を抱えている点で日本人が使いづらいのではないかと指摘される部分が多く見られました。

Ox Securitiesと他社の比較

Ox Securitiesと他社を比較していきます。まずはスプレッドです。

Ox Securities 1.4pips
XM 1.6pips
AXIORY 1.5pips
TitanFX 1.4pips
EXNESS 1.5pips

スプレッドの違いはさほど感じられません。他社と同レベルの水準で提供していると判断していいでしょう。特別スプレッドが広くなっているわけでもなく、誤差レベルの範囲で違っていると確認できます。

次にレバレッジを比較していきます。

Ox Securities 500倍
XM 888倍
AXIORY 400倍
TitanFX 500倍
EXNESS 無制限

レバレッジは海外FXの平均的な数字と言えますが、XMやEXNESSのようにかなり高いレバレッジを採用している業者と比較して、あまり高くないと感じられる部分があります。少しでも高いレバレッジを狙っている人には向いていない業者です。

Ox Securitiesまとめ

Ox Securitiesはスワップポイントを確保したいと考えている人、入出金対応を少しでもいいものにしたい人におすすめできる業者です。日本語サポートも充実していることを考えれば、比較的利用しやすい業者に分類されるのは間違いありません。興味があれば利用してもいいでしょう。

投稿日:

Copyright© 海外FXキャッシュバック口座開設なら人気・実績No1のFXRoyalCashBack(ロイヤルキャッシュバック) , 2022 All Rights Reserved.