iFCMarkets(iFCマーケット)の入金や出金方法は?おすすめの入出金方法と注意点なども解説

ifcmarketsキャッシュバック口座開設

iFCMarkets(iFCマーケット)は小ロットからの取引が可能で、スプレッドを固定して取引できる口座も提供しています。また預けている資金に金利が発生する珍しい特徴があります。そんなiFCMarketsの取引口座へ入金するためには、最適な入金方法を理解する必要があります。入金方法は多くないですが、、定番とされている手法がiFCMarketsで使えます。

ここではiFCMarketsの入出金方法について説明します。また、おすすめの方法や入出金時の注意点などについて解説します。

iFCMarketsはキャシュバック口座開設可能

Wキャッシュバックキャンペーン通常キャッシュバック+10000円

ロイヤルキャッシュバックをご利用でiFCMarkets取引ごとに4.6USDキャッシュバックが発生します!

iFCMarketsは私達ロイヤルキャッシュバックから口座開設することで取引毎に4.6USDの現金によるキャッシュバックが発生します! キャッシュバック口座はスプレッド、レバレッジ、手数料等通常の取引口座と同じ条件で取引ができるのでとてもお得に取引ができる海外FX取引に必須のサービスになります! もちろん、FX通貨ペアの取引はもちろん、CFD取引もキャッシュバック対象となります!すでにiFCMarketsをご利用の方でもキャシュバック口座は開設できるのでぜひご利用ください!

iFCMarkets(iFCマーケット)のおすすめ入出金方法

iFCMarketsは入出金に対応しているサービスがいくつか用意されています。中でもbitwalletは入金方法として使いやすい他、出金時にも利用しやすいサービスとなっています。入出金の両方に対応したいときはbitwalletを検討していくといいでしょう。

クレジットカードにも対応していますが、出金時にはカードへの返金対応が主体となります。利益分についてはbitwalletを使わないと出金できないため、結果的に別の方法で出金させるための方法を確保する必要があります。

初心者は安定して入出金対応ができるbitwalletを検討しつつ、iFCMarketsが提供している入金サービスの中で一番使いやすいものを導入していくといいでしょう。銀行振込等は使いづらい部分があるので最後の手段として検討するほうが無難です。

iFCMarketsの入出金方法

iFCMarketsが採用している入出金方法は以下の通りです。

・クレジットカード
・bitwallet
・ビットコイン
・WebMoney
・国内銀行送金
・海外銀行送金

iFCMarketsはあまり多くの方法を導入していない業者です。定番とされているサービスがいくつか用意されている程度で、業者ならではの入出金方法は存在していません。他の業者と同じような方法を導入していくものと判断し、対応していくといいでしょう。

クレジットカードは対応しているブランドが比較的多くなっているものの、iFCMarketsのルール等によって出金が難しいため、bitwalletを導入したほうが圧倒的に便利です。銀行振込も制限が用意されている点を踏まえると使いづらい点があります。

ここからは、iFCMarketsが採用している入出金方法について詳しく説明します。

クレジットカード

クレジットカード

クレジットカードは便利な入金方法ですが、iFCMarketsから出金させる部分まで考えると使いづらい点があります。クレジットカードによる出金は入金額までに限定されており、利益を出している場合は別の方法を利用しなければなりません。

iFCMarketsで使えるブランドは以下の通りです。

・VISA
・MASTER
・JCB

対応しているブランドは他社に比べると多くなっています。JCBに対応している点が評価できるポイントであり、日本で発行されているクレジットカードも利用可能になります。AMEXなどのブランドには対応していないため注意してください。

クレジットカードを利用する方法の特徴は以下の通りです。

・入金が即時反映される
・カード業者側で制限される場合あり
・出金は利用したカードへの返金のみ
・最低入金額が多い

クレジットカードは入金が即時反映されるメリットを持っているものの、利用するカードへ返金する方法以外で出金できないため、入金額以上の稼ぎが出た場合に備えて出金方法を検討しておく必要があります。

また、ブランドが対応しているもののカード業者側に制限されてしまい、入金できない事例があります。他にも入金する際の最低入金額が高めに設定されているデメリットがあり、少額の入金を検討している場合は別の方法が望ましいでしょう。

bitwallet

bitwallet(ビットウォレット)

bitwalletはiFCMarketsを利用する上で重要となる方法です。入金方法としてかなり使いやすくなっている他、出金対応もしっかり実施できる点が評価できます。利益分の出金にも対応している点は安心できる部分でしょう。

完全日本語対応のサービスですので、英語がわからなくて困っている人も安心して利用できます。事前にチャージしなければ送金できない部分を除けば、簡単に入金対応が期待できる方法となるでしょう。

bitwalletの特徴は以下の通りです。

・入金の即時反映
・利益の出金対応可能
・日本語完全対応
・出金手数料が必要

即時反映される入金方法は非常に有効ですし、出金対応が利益分も利用できる点で非常に使いやすいサービスとなります。一方で出金手数料が必要となりますが、手数料は他のサービスに比べると安くなっていますので負担は軽減されます。

ビットコイン

ビットコイン入出金

仮想通貨の代表的な通貨として利用されています。保有しているビットコインを簡単に送金できる点は評価できる部分ですが、手数料などの観点から初心者には使いづらいサービスとなります。利用する際はしっかり手続きを確認しておくといいでしょう。

ビットコインの特徴は以下の通りです。

・入金反映までの時間が早い
・ビットコインを取引通貨で利用可能
・最低入金額が多い
・手数料が高い

反映されるまでにかかる時間は短いものの、最低入金額がまとまった数字であること、手数料が比較的高い設定である部分はマイナス材料です。ただ、ビットコインをドルなどに変換することなく取引通貨として利用できる部分は面白い要素です。

WebMoney

WebMoney

日本で利用されている入出金サービスではなく、ロシアで採用されているサービスとなります。iFCMarketsでは出金対応のみ可能となっており、入金では利用できません。出金でどうしても利用したいのであれば、アカウントを確保する必要があります。

WebMoneyの特徴は以下の通りです。

・出金手数料が比較的安い
・最低出金額も低い
・反映までにかかる時間が短い
・サービスは英語のみ対応可能

出金時に使う分には便利なサービスですが、サービスは日本語対応していないため英語による対応が基本となります。利用するためには英語を理解する力が必要で、英語がわからない人には使いづらいでしょう。

国内銀行送金

国内銀行送金

国内銀行送金は入金のみ対応しているサービスで、出金には利用できません。iFCMarketsが国内向けに提供している入金口座へ送金する方法を採用します。国内の銀行が利用できる点は手数料の観点では有利なものの、出金対応ができない問題は非常に大きなデメリットです。

国内銀行送金の特徴は以下の通りです。

・国際銀行送金より手数料は安い
・最低入金額が高い
・出金非対応
・反映されるまでに時間がかかる

手数料の部分では少しだけ有利なものの、最低入金額が高めの設定で、反映されるまでに最低1日程度の時間がかかります。すぐに入金反映を希望している人にとって、国内銀行送金は使いづらいサービスです。

国際銀行送金

海外銀行送金

海外の口座へ送金する方法です。入出金に対応している点で国内銀行送金より使いやすいように思われますが、手数料の高さと反映されるまでに相当な時間が必要なデメリットを抱えています。出金時もかなりの手数料が必要です。

国際銀行送金の特徴は以下の通りです。

・入出金の両方に対応
・手数料が高い
・最低入金額が高い
・反映されるまでに相当な時間が必要

反映されるまでに最低でも2営業日程度の時間がかかってしまうため、他のサービスを利用したほうが入金面では有利です。出金サービスについても明らかに対応が遅れている点で使いづらく、最後の手段として検討する形になるでしょう。

iFCMarketsの入出金方法比較

iFCMarketsで対応している入出金方法から、手数料などの数字を比較してみました。

iFCMarketsは口座ごとに最低入金額が設定されています。この設定額を超えていなかった場合は入金不可能となるため気をつけてください。最低入金額は以下の通りです。

ビギナー口座 100円
スタンダード口座 100,000円

ビギナー口座は最低入金額の影響を受けないものの、スタンダード口座は入金方法に関係なく10万円以上の入金を求められます。最初のうちはビギナー口座を利用してください。なお、ビギナー口座は上限として50万円までしか入金できません。

次に入出金方法による違いがあります。入出金額の違いは以下の通りです。

サービス名 最低入金額 最大入金額 最低出金額 最大出金額
クレジットカード 10,000円 300,000円 5,000円 100,000円
bitwallet 1,000円 上限なし 1,000円 上限なし
ビットコイン 0.001BTC 0.001BTC
WebMoney 入金対応なし 1ドル
国内銀行送金 10,000円 上限なし 出金対応なし
国際銀行送金 上限及び下限なし

クレジットカードには入金額の上限が設定されているため気をつけてください。最低入金額は1,000円程度で使えるbitwalletが圧倒的に有利で、出金面でも日本円で対応できるため一番使いやすいでしょう。出金だけならWebMoneyもそれなりに評価できる数字です。

最後に入出金時の手数料について説明します。手数料は出金時に必ず適用されてしまうほか、入金でも適用されてしまう方法があります。しっかりと確認しておきましょう。

サービス名 入金手数料 出金手数料
クレジットカード なし 1,500円
bitwallet 100円+振込手数料824円
ビットコイン ブロックチェーン手数料 0.0005BTC
WebMoney 入金時利用不可 出金額の0.8%(上限$50)
国内銀行送金 振込手数料 出金時利用不可
国際銀行送金 仲介手数料+為替手数料

出金手数料はビットコインが一番少ないように感じられますが、ビットコインは入金時にも手数料が加算される点で使いづらくなっています。比較的少ない手数料でも対応できるbitwalletを中心に検討するのが一番いい方法です。

国際銀行を利用した場合、銀行の仲介手数料に加えて為替交換の手数料などが加算され、相当な金額を支払う可能性があります。手数料の金額があまりにも多くなるため別の方法を検討したほうが無難です。

iFCMarketsの入出金方法の注意点

iFCMarketsでは入出金方法の注意点がいくつかあります。

・入金方法と同じサービスを利用して出金する
・出金拒否される取引は禁止
・入出金の反映が遅い場合はサポートへ
・メンテナンス中は入出金不可

このような注意点があります。他の業者と同じように、入金方法と出金方法を同じサービスに整える必要があります。また、出金拒否される取引が行われている場合、問答無用で出金不可能になる点も気をつけてください。

ここからは、iFCMarketsの入出金方法で注意すべきポイントを詳しく説明します。

入金方法と同じサービスを利用して出金する

iFCMarketsは入金方法と同じサービスを利用して出金しなければなりません。同じサービスを利用する理由としては、マネーロンダリング等により別のユーザーに出金させる可能性があるためです。

ただ、iFCMarketsでは出金対応が受けられない国内銀行送金があります。この場合は別のサービスを利用して出金しても問題ありません。また、クレジットカード入金をしたユーザーは、利益分を別のサービスで出金しても構いません。

出金を考慮すると、入金方法は出金も利用できる方法が望ましいでしょう。

出金拒否される取引は禁止

iFCMarketsは出金拒否を行わない業者ですが、出金拒否に該当するような取引が確認された場合は出金拒否を行っています。対象となる取引は以下の通りです。

・複数の口座を利用した両建て
・他社と両建て
・遅延を利用したトレード

こうした取引は出金拒否の対象となります。iFCMarketsが持つ口座内で両建てをしている場合はもちろんですが、他社と両建てしている場合も業者が情報を把握してしまうため、出金拒否の対象になってしまいます。

なお、iFCMarketsではスキャルピングによる取引は禁止事項ではありません。また、アービトラージについても認めているなど、取引については比較的柔軟な対応を取っている業者となります。

入出金の反映が遅い場合はサポートへ

入出金の反映は即時で行われるものもありますが、一部の方法は反映されるまでに時間がかかります。特に出金は対応するまでにかかる時間はかなり必要となっていますので、スムーズに実施されていない場合があります。

どうしても入出金対応が遅い場合はiFCMarketsへ連絡してください。サポートへ連絡すると対応してもらえる可能性があります。サポートはメールで24時間対応となっていますので、空いている時間にしっかり行ってください。

なお、iFCMarketsのサポートは日本語対応があまり良くないため、日本語が読みづらいという欠点を考慮した上で利用する必要があります。

メンテナンス中は入出金不可

iFCMarketsがメンテナンスを行っている時間は入出金依頼を出せません。また、一部の入出金サービスについてもメンテナンスが行われている時間帯は利用できません。入出金対応を行う際は、メンテナンスが実施されている時間帯を避けるようにしてください。メンテナンス中はログイン等ができないためあらゆる対応ができなくなります。

iFCMarkets入出金まとめ

iFCMarketsは入出金方法をあまり多く導入している業者ではないものの、定番とされている方法をいくつか採用している点は評価できます。ただ、iFCMarketsは出金手数料を考慮してサービスを決定しなければ損を出す可能性が高まります。出金を考慮して入金方法を決めるといいでしょう。

 

 

投稿日:

Copyright© 海外FXキャッシュバック口座開設ならFXRoyalCashBack , 2021 All Rights Reserved.