FXPro(FXプロ)の入金や出金方法は?おすすめの入出金方法と注意点なども解説

FXPro 0.40pipキャッシュバック!キャッシュバック口座開設はこちら

プラットフォームの豊富さに定評のあるFXProは海外FX業者でも実績と歴史のあるFX会社で、より取引しやすいプラットフォームを見つける際に有効な業者です。利用する際は入出金が必要となりますので、入出金方法をしっかり覚えておきましょう。

ここではFXProの入出金方法について説明します。また、おすすめの方法や入出金時の注意点などについて解説します。

FXproはキャシュバック口座開設可能

Wキャッシュバックキャンペーン通常キャッシュバック+10000円

ロイヤルキャッシュバックをご利用でfxpro取引ごとに0.80pipsキャッシュバックが発生します!

FXProは私達ロイヤルキャッシュバックから口座開設することで取引毎に0.80pipsの現金によるキャッシュバックが発生します! キャッシュバック口座はスプレッド、レバレッジ、手数料等通常の取引口座と同じ条件で取引ができるのでとてもお得に取引ができる海外FX取引に必須のサービスになります! もちろん、FX通貨ペアの取引はもちろん、CFD取引もキャッシュバック対象となります!すでにFXproをご利用の方でもキャシュバック口座は開設できるのでぜひご利用ください!

FXProのおすすめ入出金方法

FXPro

FXProはbitwalletを利用する方法が一番使いやすいでしょう。bitwalletは他社でも使いやすい方法として知られていますが、選択肢の少ないFXProでは非常に有効です。どうしても入出金の両方に対応させたい時は、bitwalletを使ってください。

FXProは海外向けであればネッテラーなどのサービスも提供していますが、日本国内のユーザーに向けてネッテラーはサービスを提供していません。その影響もあり、入出金の両方に対応しているbitwalletは貴重な存在となります。

入出金の選択肢が他社に比べて少ないほか、入金のみ事実上対応しているクレジットカードもありますので、出金対応をしっかりできるサービスを用意したほうがいいでしょう。bitwalletは出金対応という部分では非常に有効です。

FXProの入出金方法

FXProが採用している入出金方法は以下の通りです。

・クレジットカード
・bitwallet
・PayPal
・Webmoney(出金のみ)
・海外銀行送金

FXProは定番とされているクレジットカードやbitwalletを用意していますが、変わったところではPayPalも入金対象となります。ただ、PayPalは利用する際のサービスが制限されていることもあり、全ての方法で利用できないものと判断しなければなりません。

ここからは、FXProが採用している入出金方法について詳しく説明します。

クレジットカード

クレジットカード

海外FXでは定番とされている入金方法です。対応しているブランドのクレジットカードを使って入金させることで、即時反映で入金手続きを完了できます。ただ、クレジットカードの対応ブランドがあまり多くないこともあり、場合によっては利用しづらい状況に陥る人もいます。

対応しているクレジットカードブランドは以下の通りです。

・VISA
・MASTER

海外で利用できる定番のブランドに対応しています。一方で、JCBやAMEXなどのブランドには対応しておらず。該当しているブランドを持っていない人には厳しい状況となります。ブランドが対応していない場合、他の入金方法を利用したほうがいいでしょう。

クレジットカードの特徴は以下の通りです。

・即時入金が可能
・カード限度額まで入金可能
・出金対応が遅い
・出金対応は入金額まで

すぐに反映されるメリットを持っているものの、入金できるのはカード限度額までという制限があります。また、出金対応については入金額まで、更に対応してもらうために相当な時間が必要です。基本的に出金は別のサービスを用いて、利益分の出金ができる状況を作らなければなりません。

なお、クレジットカード入金ができないトラブルが多数報告されています。原因はカード情報の入力ミスが大半ですので、しっかり対策を立てて入金しましょう。

bitwallet

Bitwallet

bitwalletはFXProを利用する上で重要となるサービスです。入出金の両方に対応しているメリットを持っていますし、何よりも利益分が出金できる利点を持っています。利益を出せない状況は厳しいため、少しでも出金しやすいbitwalletを検討するのは重要でしょう。

日本語に完全対応している利点、bitwalletから出金する際の手数料もあまり高くないなど、利便性としても優れています。他の方法に比べるとかなり使いやすいため、入出金のベースはbitwalletを中心としたほうが安定します。

bitwalletの特徴は以下の通りです。

・入金の即時反映
・利益の出金対応可能
・日本語完全対応
・事前にチャージが必要

基本的に入出金の両方に対応しているサービスは非常に少ないこともあり、bitwalletは貴重な存在として利用します。事前にチャージする必要があるなど、手間がかかる要素はあるものの、手続き等の難しさは感じません。

PayPal

PayPal

PayPalは専用のアカウントを用いて入出金対応を行います。事前にPayPalのアカウントが必要となりますが、準備しておけば登録したクレジットカードによる入金、更には銀行振込による入金も可能となります。PayPal経由であれば対象外のブランドでも入金手続きができます。

使いやすい要素は持っているものの、事前の登録作業が非常に面倒であるというデメリットを持っています。FXProへ登録する前にPayPalのアカウントをしっかり作成し、必要なサービスと連携するなどの対応が必要です。

PayPalの特徴は以下の通りです。

・入金できる対象サービスを増やせる
・送金確認までの時間が早い
・出金対応がやや遅い

出金対応も可能ですが、他のサービスに比べると遅い印象があります。少しでも早く出金させたい時は別のサービスを検討してください。入金できるサービスを増やす目的であれば、PayPalを導入したほうが便利です。

WebMoney

WebMoney

出金限定で利用するサービスです。日本で主に採用されている方法ではなく、ロシアが提供しているWebMoneyを利用します。事前登録が必要である他、出金する際のアカウント番号等を覚えておく必要があります。

WebMoneyの特徴は以下の通りです。

・出金対応は比較的早い
・日本語対応はない
・出金以外の用途では使えない

日本語対応がないデメリットを抱えているため、英語が分かる人限定で利用するものと判断してください。出金対応はそこそこ早い傾向があるものの、利便性という部分では他のサービスに劣ってしまいます。

国際銀行送金

国際銀行送金

海外の銀行へ送金する方法です。入出金サービスとしては使いやすいものの、手数料が非常に高いデメリットを抱えています。多くの金額を手数料として負担することになれば、利益を一気に失う可能性があります。

国際銀行送金の特徴は以下の通りです。

・手数料が高い
・送金完了に時間がかかる
・海外の銀行へ送金するため難易度も高い

メリットはほぼ無いに等しいサービスで、手数料の高さと送金完了に必要な時間があまりにも長いというデメリットが目立ちます。海外の銀行へ送金する方法は、日本の銀行と比較しても相当難易度が高く、初心者には使いづらいでしょう。

FXProの入出金方法比較

FXProで対応している入出金方法から、手数料などの数字を比較してみました。

FXProは最低入金額が固定されており、最低100ドルの入金が必要です。ただ、100ドルは推奨している入金額ではありません。どうしても確実に入金させたい時は1,000ドル以上の入金を実施してください。

次に手数料について説明します。手数料は基本的に無料としていますので、どのサービスを利用しても適用されません。しかし、国際銀行送金を利用した場合のみ、振込手数料を負担しなければなりません。この金額は最大7,000円程度と高額です。

FXPRO国際銀行送金手数料

手数料が適用される方法はできる限り避けたほうが無難です。国際銀行送金を利用する手間は非常に大きなものとなりますので、入出金の両方で別のサービスを検討したほうがいいでしょう。

入金は基本的に10分以内に反映されますが、国際銀行送金は最大5営業日程度の時間が必要です。

出金対応について

出金対応ではWebMoneyも利用可能となりますが、基本的にはbitwalletをベースとしたほうがいいでしょう。また、PayPalも出金対応が可能となっていますので、PayPalのほうが使いやすいと判断している人はPayPalを使ってください。

次に出金までにかかる日数です。FXProは以下の日程を基本としています。

クレジットカード 1週間以上
国際銀行送金 2週間程度
その他のサービス 1営業日

クレジットカードは入金手続きを取り消す方法で返金しますので、基本的に出金対応は相当遅くなってしまいます。国際銀行送金は返ってくるまでに色々な銀行を経由する必要があるため、こちらも相当な時間が必要です。

その他のサービスは1営業日以内に対応してくれますが、FXProの状況次第では出金対応が遅れる場合もあります。出金対応は平日に行ったほうが早く完了する傾向もあるため、休日を避けて利用するといいでしょう。

なお、手数料はすべて無料ですが、国際銀行送金は出金時も最大7,000円程度の手数料を取られてしまいます。

FXProの入出金方法の注意点

FXProでは入出金方法の注意点がいくつかあります。

・入金額までは入金方法と同じサービスで出金する
・出金時は資金移動が必要
・一部銀行へ出金できない
・本人名義のアカウント以外に送金できない
・メンテナンス中は入出金不可

このような注意点があります。取引用口座と出金用口座が異なる点に気をつける必要があります。また、一部銀行への出金が不可能となっており、対応していない銀行口座を保有している人は、別のサービスを検討する必要があるでしょう。

ここからは、FXProの入出金方法で注意すべきポイントを詳しく説明します。

入金額までは入金方法と同じサービスで出金する

FXProは入金額までは入金サービスと同じ方法で出金する必要があります。これはマネーロンダリングの関係で、資金移動用のサービスとして使われないための対策です。入金する際は、出金を考慮して入金手続きをしなければなりません。

特にクレジットカードは、入金額と同額までしか出金できないため、出金用のサービスはしっかり準備する必要があります。出金用のサービスを持っていない場合、銀行送金以外の方法しか利用できず、かなりの手数料を取られる問題に直面してしまいます。

出金時は資金移動が必要

FXProは出金時に資金移動しなければなりません。取引用の口座に入っているお金を出金できる口座に移動して、それから出金手続きを済ませる方法となります。この手順を間違えてしまうと、出金手続きがしっかりできない問題を抱えています。

出金前に資金がどこに存在しているか、しっかり確認してください。まだ取引用の口座に残っている場合は、資金移動して出金できる状況に持っていきましょう。資金移動は即時で反映されるため、出金前に気づいてもすぐ対応できます。

一部銀行へ出金できない

FXProは国際銀行送金を利用して、現在保有している資金を銀行口座に戻せるようにしています。国際銀行送金は日本の銀行口座へ出金する方法も使えますが、一部銀行への出金そは不可能となっています。

原因はSWIFTコードが存在しないためです。海外銀行送金では、SWIFTコードを用いて銀行を判断していますが、コードが存在しない銀行は情報がわからないため、送金できない問題が生じてしまいます。その影響もあり、一部銀行へは送金できないのです。

以下の銀行はSWIFTコードが無いため送金対象に選べません。

・ゆうちょ銀行
・セブン銀行
・新生銀行
・PayPay銀行
・みずほ銀行(インターネット支店)

上記の銀行はSWIFTコードがありませんので、別の銀行へ送金するようにしましょう。銀行送金へこだわっていないのであれば、bitwalletやPayPalなど、コードがなくても利用できる方法を模索したほうが無難です。

ただ、入金を銀行振込で行った場合、強制的に銀行送金で出金させる必要があります。この場合は対応している銀行口座を事前に準備しなければなりません。

本人名義のアカウント以外に送金できない

他人名義の口座には出金できません。他人名義の口座に出金させる方法は、マネーロンダリングとして扱われます。また、FXProでは本人以外のユーザーに対して出金しない方針を明確にしていますので、出金先が本人名義と異なる場合は拒否されてしまいます。

出金拒否されている事例の中には、出金先の名義とアカウントの登録名義が異なる場合があります。出金先の名義が間違っている場合は、別のサービスを利用して出金するなどの対応が必要となります。

メンテナンス中は入出金不可

FXProがメンテナンスを行っている時間は入出金依頼を出せません。また、一部の入出金サービスについてもメンテナンスが行われている時間帯は利用できません。PayPalやbitwallet、WebMoneyについては、出金できないタイミングがありますので、メンテナンス時間は避けて出金するよう心がけましょう。

なお、銀行のメンテナンスはほぼ深夜帯になりますので、あまり気にする必要はありません。

FXProまとめ

FXProは入金方法こそあまり多くないものの、出金方法はWebMoneyの追加により多少ですが多くなっています。基本的にはbitwalletやPayPalを利用するケースが多くなるため、まずは該当しているサービスのアカウントを作成し、スムーズに対応できる状況を作っておきましょう。

 

 

投稿日:

Copyright© 海外FXキャッシュバック口座開設ならFXRoyalCashBack , 2021 All Rights Reserved.