BXONE(BXワン)の登録方法と本人確認書類の提出と入金、出金でのご利用方法

海外FX業者に便利に入出金できるBXONE

BXONE-TOP

現在海外FX業者への入金・出金方法で注目のBXONE(BXワン)。仮想通貨だけでなく国内銀行からの入金が可能で入金手数料がかからないコストを抑えた入出金が可能となります。またeZpayカードを発行すればATMから出金が可能です。

ここではそんなBXONEの説明から登録方法から本人確認書類の提出方法メリット・デメリット、手数料や資金移動の所要時間に入出金の限度額、BXONE口座の開設方法を紹介いたします。

BXONE(BXワン)と併せて利用したいキャッシュバック

ロイヤルから口座開設すれば 新規口座はもちろん、追加口座でも 取引1Lot毎に$8.0のキャッシュバック

ロイヤルキャッシュバックでは海外FX業者のキャッシュバックを行っています。BXONE(BXワン)に対応した海外FX業者(XM、BigBoss等)がキャッシュバック口座開設の対象となります。もちろん、すでに口座をお持ちでも新たにキャッシュバック口座開設が可能です。ぜひご利用ください。

BXONEとは?

BXONE

BXONEはサービスを開始した日時が不明の業者ではありますが、オンラインウォレットとして多数の業者が利用しているサービスです。複数の法定通貨に対応している点に加えて、仮想通貨を保有できるウォレットとして期待されています。

対応している法定通貨は以下の通りです。

・日本円
・米ドル
・ユーロ

主力の通貨に対応しているため利用しやすくなっています。日本円が使えるウォレットという点は評価できます。海外FXで利用する際に必要な米ドルやユーロも利用可能で、多方面での利用に適しています。

また、仮想通貨は以下の8種類に対応しています。

・ビットコイン
・ビットコインキャッシュ
・イーサリアム
・リップル
・ライトコイン
・イオス
・テザー
・ダッシュ

メジャーな仮想通貨であるビットコインとイーサリアムに対応している他、ビットコインキャッシュやリップル、ライトコインと言った中堅クラスの仮想通貨も利用可能です。イオスやダッシュなど、マイナーな仮想通貨も利用可能ですが、購入できる取引所が日本に少ないこともあり機会は少ないでしょう。

これからのウォレットとして期待されている反面、手数料面での高騰という部分がやや影響している業者です。特に出金時に必要な手数料がかなり高くなっているため、利用する際は手数料を考慮して出金対応を依頼する必要があるでしょう。

BXONEの特徴

BXONE特徴

BXONEは以下の特徴があります。

・日本語に対応
・日本の銀行から入金可能
・2段階認証あり
・アカウント種別なし
・通貨により入金方法に制限あり

これらの特徴を持っています。日本語対応は行われていますが、一部日本語がおかしいとされる部分もあるため、完全に対応しているわけではありません。2段階認証など、セキュリティー面での安心感は非常に高い業者です。

ここからは、BXONEの特徴を詳しく説明します。

日本語に対応

BXONEは日本語サポートが用意されています。サポートの担当者に日本語がわかる人が在籍しており、問い合わせの内容は日本語で返信を受けられます。海外のサービスは英語がわからないと厳しい部分もありますが、BXONEはそのような心配はありません。

ただ、日本語対応は行われているものの、肝心のウォレットサービスは日本語対応が行われていないため、利用する際は英語の理解が必要となります。ある程度英語がわからないと、サービスを利用していくのは難しく感じるでしょう。

なお、一部のキャンペーンページは日本語表記が行われています。

日本の銀行から入金可能

国内銀行振込

BXONEは入金方法が複数用意されていますが、日本の銀行から入金可能としています。また、日本の銀行を採用した場合、日本円での入金を可能にしています。日本円で入金できるのは非常に大きなメリットとなります。

対応している銀行は非常に幅広く、三菱UFJ銀行や三井住友銀行など、主要な銀行を利用すると簡単に入金できます。また、一部の地方銀行も対応しているなど、銀行での振込は非常に便利です。少数の銀行しか対応していないというわけではありません。

2段階認証あり

BXONEは2段階認証を可能にしています。セキュリティの強化を図るため、本来では認証作業を1回で済ませるところ、2回目の認証を行って万全の状態を取っています。不便なポイントではあるものの、2段階認証が使えるようなら不正利用などの問題は解消されます。

ユーザーは2段階認証に関連する登録を事前に行い、BXONEへログインする際は2段階認証を実施します。ログイン時に2段階認証を行うことで、不正利用によるログインが事実上不可能となり、ウォレット内にある資金が勝手に失われる問題はありません。

他にもBXONEではコールドウォレットを採用することで、よりセキュリティを高められるようにしています。複数のセキュリティ対策が施されている点を含めると、安心して利用できるウォレットと判断していいでしょう。

アカウント種別なし

一部の入出金サービスでは、アカウントが複数用意されています。これは利便性を向上するために採用されていますが、どのアカウントを利用すればいいか分かりづらい点があります。これを解消しているのがBXONEです。

BXONEはアカウントが1つだけであり、口座種別も1つだけに制限されていますので、最初に登録したアカウントをそのまま利用すればいいのです。他のアカウントを作成しなければ何もできないという問題がありません。

一方で、BXONEはアカウントによる違いを採用していない点もあり、法人ユーザーが利用するのは難しくなっています。個人ユーザーが利用するのは特に問題ないことですが、法人ユーザーは別のサービスを利用したほうがいいでしょう。

通貨により入金方法に制限あり

先程日本円は銀行から入金できると説明しましたが、実は日本円による入金には制限が存在し、日本の銀行以外で送金できないデメリットがあります。

BXONEでは3つの入金方法に対応しています。

・クレジットカード
・銀行振込
・仮想通貨

クレジットカード入金に対応しているのはいいですが、クレジットカードは米ドルとユーロのみ対応しており、日本円の入金には対応していません。日本円に対応していない問題により、BXONEでクレジットカード入金を実施する機会は米ドル利用時のみとなります。

なお、仮想通貨の場合は仮想通貨取引所で購入したものをBXONEへ送金する方法が採用されています。事前に対応している仮想通貨を取引所で調達しておかないと何もできないため注意してください。

BXONE登録・開設方法

BXONEの公式ページに移動します。

「OpenAccount」をクリックします。

BXONE-TOP

 

アカウント登録

姓名、メールアドレス、パスワード(半角大文字小文字英数)を入力しキャプチャをクリックしてください。「Register」を選択してください。

登録確認

入力したメールアドレスにアクティベーションメールを送ります。

 

アクティベーション完了

以上でBXONE登録が完了となります。

 

KYCdocuments個人情報の登録

続いては出金を可能にするためにKYC本人確認書類の提出を行います。

KYC

登録時は一部しか個人情報は入力されていませんので必要な情報を追加します。「Personal Information」のEditを選択してください。

個人情報の入力

生年月日、住所、電話番号とパスポートナンバーを入力してください。

入力完了

以上で個人情報の入力が完了です。

つづいて本人確認書類を提出します。

 

KYC本人証明書類のアップロード

証明書類をアップロードしなくても銀行送金により入金することはできますが、 証明書類をアップロードすることで出金が可能となります。

証明書類アップロード

KYCdocumentsではパスポート、運転免許証、IDカードでの認証が可能です。

身分証の選択

提出方法

身分証の提出はアップロードかその場で撮影での提出が選択可能です。

モバイル提出

モバイルで撮影し提出する場合はモバイルへリンクを送信するかQRコードを読み込んで提出ができます。

ファイルアップロード

手元にファイルがある場合はそのままアップロードを行ってください。

続いて住所証明を提出します。

住所証明

公共料金の証明書や銀行証明をアップロードしてください。

以上で証明書類の提出の完了です。

 

BXONEの入金方法

BXONEの入金方法は先ほど説明したとおり、クレジットカードと銀行振込、仮想通貨を送金する方法の3つです。クレジットカードはデビットカードも対応しています。

入金する際は、マイページへログインして「Deposit」をクリックします。

BXONE入金

次に入金する通貨を決定します。仮想通貨の場合は対応している仮想通貨を選択してください。法定通貨を希望している場合は法定通貨に合わせてください。

入金方法選択

次の画面に移動すると、入金先の銀行や金額を設定する画面が表示されます。

入金額選択

画像は日本円の場合となりますが、Amountの部分に必要な金額を記載、Your bank nameに銀行名を記入してください。Commentには記載する必要がありません。

この後に確認の画面が表示されますので、内容を確認してください。日本円の場合は振込先の銀行が表示されますので、記載されている振込先へ入金してください。翌営業日に日本円が反映されます。

入金額反映

仮想通貨の場合は送金用アドレスが表示されますので、表示されているアドレスやQRコードにアクセスして送金してください。送金完了後、BXONEが確認すると入金手続きが完了します。

なお、入金手数料は無料となりますので、入金時に手数料を取られる心配はありません。これはどの入金方法を利用しても適用されます。ただ、銀行振込を採用した場合、振込手数料は個人で負担しなければなりません。

国内銀行送金による入金

三菱UFJ、三井住友、みずほなど便利な国内銀行送金の入金方法を解説します。

入金通貨の選択

まず入金する通貨を選択します。

入金情報

入金金額、入金元銀行を入力してください、「コメント」は通常は必要ありません。

入力確認

入力内容を確認してください。

入金先情報

入金先情報が表示されるのでこちらへ国内銀行から振り込みを行ってください。

以上で国内銀行送金の完了です。

 

 

BXONEへのBitCoin入金

BXONEへの入金はBitcoinで迅速に行えます。

ビットコイン入金

入金する通貨「BTC」を選択してください。

Bitcoin入金

表示されたアドレスへBitcoinの送付を行ってください。
必ず画面に表示された情報を元に正確に行ってください。

 

 

BXONEの出金方法

BXONEから出金する方法は以下の通りです。

・国内銀行送金
・海外銀行送金
・仮想通貨

仮想通貨の場合は仮想通貨による出金方法以外採用できません。銀行の場合は国内銀行と海外銀行が用意されていますが、日本円の場合は国内銀行を選択し、それ以外の通貨であれば海外銀行を利用してください。

出金する際は「Withdrawal」をクリックしてください。

BXONE出金額入力

クリック後、保有している通貨の中から、出金するものを選択します。保有している通貨がなければ出金できない旨が記載されています。

出金額の入力

次の画面で出金方法と出金する金額を入力します。出金方法はInput amountが銀行振込を指していますので、こちらを選択してください。なお、初回に限り銀行振込先の登録が必要となります。

最後に表示されている内容を確認し、問題なしと判断できれば出金手続きを依頼してください。振込の場合は手続完了までに多くの時間がかかりますのでしばらく待ってください。1週間以上経過しても対応していない場合、BXONEのサポートへ連絡しましょう。

なお、最低出金額の制限はありません。

BXONEの手数料

先程も紹介しましたが、入金時の手数料は発生しません。手数料は出金時のみ適用されますので、出金する際は手数料を考慮して対応してください。

出金時の手数料は以下の通りです。

銀行振込(日本円) 出金額の1%
銀行振込(米ドル)
銀行振込(ユーロ)
ビットコイン出金 出金額の0.01%
イーサリアム出金 出金額の0.1%

 

基本的な手数料は上記の数字となりますが、この数字は20万円以上の出金依頼を出しているユーザーに限って適用されるものです。20万円未満の出金依頼を出した場合、以下の手数料を請求されてしまいます。

 

日本円 2,000円
米ドル 20ドル
ユーロ 15ユーロ
ビットコイン 0.001BTC
イーサリアム 0.01ETH

20万円以下の場合、固定手数料として上記の手数料を請求されます。BXONEから1万円を出金する場合、手数料が1%であれば100円のところ、BXONEのルールによって2,000円を請求されてしまいます。これがBXONEの手数料が高いと言われる原因です。

仮想通貨で出金する際の手数料も含めて、基本的に20万円相当の出金手続きをしなければ手数料は多くなってしまいます。2,000円程度の手数料を固定で請求されるものと判断すると、BXONEは手数料では不利な業者と言えるでしょう。

BXONEからの銀行出金方法

出金手数料は出金額の1%となります。

左メニュー「withdraw」をクリックしてください。

出金通貨の選択

出金する通貨の選択をしてください。

出金情報入力

出金情報を入力します。

出金通貨、金額、Bank accountは以前に出金した場合登録情報になります。出金先の国、スイフトコード、銀行名、銀行住所、Branchコード、Branchネーム、アカウントタイプの選択、IBANの入力、口座名、住所を入力し「Continue」を選択します。

入力内容が表示されるので問題がなければ「Process」をクリックしてください。

以上で出金申請の完了です。

BXONE利用時の注意点

BXONE利用時の注意点は以下の通りです。

・クレジットカードはほぼ使えないものと判断する

ここからは、BXONEの注意点を詳しく説明します。

BXONEはATMで出金可能か?

BXONEはプリペイドカード「eZpayカード」を利用すれば世界中のATMで出金が可能です。

BXONEに対応しているFX業者

現在BXONEに対応している海外FX業者は以下の通りです。

XMTrading.com

XM.com 0.65pipキャッシュバック!キャッシュバック口座開設はこちら

日本で最も知名度の高い人気業者XMTrading.COM
入金は手数料は全てXM負担!最低入金額は最低5米ドル、反映は即時反映となります。

BigBoss

BigBoss口座開設で0.48pipのキャッシュバック!

同じく低スプレッドでハイレバレッジとボーナスが魅力のBigBoss(ビッグボス)
BXONEに入金、出金共に対応!

現在採用されている業者は非常に少数で、代表的とされるXM以外ではBigBossのみ対応しています。それ以外の業者では他のウォレットサービスを優先している関係で、BXONEへの対応は実施されていません。

今後bitwalletが利用できなくなった業者でBXONEが採用される可能性もあります。優秀なサービスであるbitwalletが使えなくなってしまった場合、他の業者への切り替えを検討する業者が増えるのは間違いありません。その時にBXONEが広まるチャンスは十分あります。

BXONEまとめ

BXONEはこれから伸びてくるサービスと言えます。仮想通貨による入出金を可能にしているのは大きなメリットで、日本の銀行も現時点で入出金先として選べるのがいいところです。今後は規制が強まるのか、それともこのままの状態で海外FXへ広まっていくのか注目されるサービスです。

 

 

 

更新日:

Copyright© 海外FXキャッシュバック口座開設なら人気・実績No1のFXRoyalCashBack(ロイヤルキャッシュバック) , 2022 All Rights Reserved.