AXIORY(アキシオリー)とEXNESS(エクスネス)を徹底比較検証!低スプレッド海外FX業者でオススメなのは?

最終更新日 2022年3月29日

AXIORY新規口座開設でも、すでに取引をしている方でもお取引毎に$4.5USDキャッシュバック

AXIORY(アキシオリー)とEXNESS(エクスネス)。お互い低スプレッド業者として定評ありますが、この2つの業者にはどの様な違いがあるのか、取引口座、スプレッド、入出金方法、ボーナス比較、約定力、ロスカット、サポート、手数料、安全性を徹底比較しどちらのほうがオススメか検証します。

海外FXキャシュバック口座開設で10,000円のボーナス!

Wキャッシュバックキャンペーン通常キャッシュバック+10000円

ロイヤルキャッシュバックが開催中のWキャッシュバックボーナスをご利用で海外FX業者で取引ごとに現金キャッシュバック+さらに10,000円のキャッシュバックが発生します!

私達ロイヤルキャッシュバックから口座開設することで取引毎に現金によるキャッシュバックが発生します! キャッシュバック口座はスプレッド、レバレッジ、手数料等通常の取引口座と同じ条件で取引ができるのでとてもお得に取引ができる海外FX取引に必須のサービスになります! もちろん、FX通貨ペアの取引はもちろん、CFD取引もキャッシュバック対象となります!すでに海外FX業者をご利用の方でもキャシュバック口座は開設できるのでぜひご利用ください!

AXIORYとEXNESSのどちらがおすすめ?

AXIORYの特徴

おすすめできる業者はAXIORYです。

正直なところ僅差でAXKIORYとなりましたが、取引条件によってはEXNESSがオススメとなります。

AXIORYが優れている理由は以下の通りです。

  • 取扱い銘柄の低スプレッド
  • 業界TOPクラスの約定力
  • サポート体制の充実
  • 定期的にボーナスが開催される
  • 手数料の優遇

EXNESSが優れている理由は以下の通りです。

  • レバレッジが非常に高い
  • 主要銘柄の低スプレッド化
  • ロスカット水準0%
  • サポート体制の充実
  • 手数料の優遇
  • 入出金方法の充実

AXIORYは全体的にスプレッドが狭く、約定力が海外FX業者でもトップクラスに高いため、低スプレッドで安定して継続的に取引を行いたい方におすすめです。また低スプレッドでありながらボーナスが開催されるのも嬉しい点です。EXNESSの場合、少ない資金で大きな取引を行うのにロスカット水準が0%なのでハイレバレッジでもギリギリまでトレードを行うのに優れています。またEXNESSはスプレッドが低いのですが、約定力が少々AXIORYに比べて劣っています。

こうした要素がありますが、安定高水準の取引として考えるとEXNESSよりAXIORYが優れていると判断できます。

AXIORYとEXNESSの取引口座比較

まずはAXIORYとEXNESSの取引口座を比較していきます。2つの業者はそれぞれ取引口座を複数保有しており、どちらもそれぞれに違いをもたせて使いやすい口座にしています。

AXIORYが保有している口座 EXNESSが保有している口座
スタンダード口座 スタンダード口座
ナノ/テラ口座 プロ口座
アルファ口座 ロースプレッド口座
デモ口座 ゼロ口座

用意されている口座は以上となります。2つの業者は同じ数の口座を持っていますが、AXIORYが保有している口座の1つはデモ口座ですので、実質的にはEXNESSのほうが多くの口座を持っていることになります。

それぞれの口座は以下のようなシステムを採用しています。

AXIORYが保有している口座
スタンダード口座 一般的な口座
ナノ/テラ口座 低スプレッド口座
アルファ口座 株式取引専用の口座
デモ口座 デモ用の口座

AXIORYはスタンダード口座に加えて、ナノ口座とテラ口座の2つを用意しています。どちらも低スプレッド口座ではありますが、取引システムの違いがあります。株式専用とされるアルファ口座を作ったことにより、口座数が増えているのが特徴的です。

一方でEXNESSが提供している口座は以下の通りです。

EXNESSが保有している口座
スタンダード口座 一般的な口座
プロ口座 手数料無料の口座
ロースプレッド口座 低スプレッド用口座
ゼロ口座 スプレッドがほぼゼロの口座

EXNESSではスタンダード口座に加えて、多くの業者が採用している低スプレッド用のロースプレッド口座が存在します。ほかに手数料を完全無料にしているプロ口座、スプレッドを極限まで抑えているゼロ口座も準備しています。

口座数はEXNESSが多く、基本的には使いやすい設定になります。AXIORYも用意されている口座数は多いと言えますが、手数料を完全無料にしている口座に加えて、スプレッドも極限まで狭めている口座を考えると、EXNESSは使い勝手の良い口座を保有していると言えます。

AXIORYとEXNESSのスプレッド比較

次にAXIORYとEXNESSのスプレッドを比較していきます。スプレッドは時間帯により大きく違いが生じているため、ここで採用しているのは平均的な数字です。どちらのほうがスプレッドが狭く作られているのか確認しておきましょう。

銘柄 AXIORY EXNESS
米ドル/円 1.3pips 1.1pips
ユーロ/円 1.5pips 1.9pips
ポンド/円 2.0pips 2.0pips
豪ドル/円 1.9pips 2.1pips
NZドル/円 2.2pips 2.9pips
米ドル/ユーロ 1.2pips 1.0pips
金/米ドル 2.0pips 20.0pips
銀/米ドル 2.5pips 5.4pips

※スタンダード口座で採用されている平均値。実際には変動するため大きく拡大する場合があります。

スプレッドは銘柄ごとに良し悪しが分かれていますが、基本的にAXIORYが優れていると言えるでしょう。AXIORYは安定した数字を提供している他、金銀のスプレッドが狭く作られている。メリットを持っています。より安定した取引を希望しているのであればAXIORYを選んだほうが得をします。

同様に低スプレッド口座でもスプレッドを比較していきましょう。

銘柄 AXIORY(ナノ口座) EXNESS(ロースプレッド口座)
米ドル/円 0.3pips 0.0pips
ユーロ/円 0.2pips 0.4pips
ポンド/円 0.9pips 0.4pips
豪ドル/円 0.9pips 0.5pips
NZドル/円 0.7pips 0.9pips
米ドル/ユーロ 0.2pips 0.0pips
金/米ドル 1.8pips 6.3pips
銀/米ドル 1.2pips 2.8pips

低スプレッド口座を比較すると、EXNESSは主要銘柄のスプレッドが狭くなっており、場合によっては0.0pipsと優れた数字を実現することがわかります。一方で金銀のスプレッドは一向に広いままの状態が続いており、こちらはAXIORYが有利と言えるでしょう。

スプレッドはタイミングによってかなり違いが生じているのも事実です。それでもEXNESSの金銀はスプレッドが広すぎるため、スプレッド面では明らかにAXIORYが有利と言えます。

AXIORYとEXNESSの入出金方法比較

AXIORYとEXNESSの入出金方法を比較していきましょう。採用されている方法が多いと、入出金対応が行いやすくなります。日本人に馴染みのある方法をどれだけ採用しているかにより、使い勝手も大きく変わります。どれだけのサービスを利用しているか検証してみましょう。

AXIORY EXNESS
クレジットカード(VISA,JCB,UnionPay) クレジットカード(VISA,JCB,MASTER)
STICPAY STICPAY
VLoad bitwallet
国内銀行送金 国内銀行送金
国内銀行送金(Curfex) PerfectMoney
国際銀行送金 WebMoney
仮想通貨(ビットコイン,テザー)

選択肢はEXNESSが多くなっています。しかし、採用されている方法の中には、日本人が扱いづらいものも用意されています。全体的に採用されている方法としてEXNESSのほうが優れているのは事実ですが、AXIORYもそこまで悪いサービスを採用しているわけではありません。

一番の違いはbitwalletが存在する点でしょう。AXIORYはbitwalletの採用を停止してしまい、使いづらい業者に変わってしまいました。EXNESSはbitwalletによるサービスを利用できる点が優れており、日本人でも使いやすいサービスを導入しやすい利点を持っています。

AXIORYとEXNESSのボーナス比較

AXIORYとEXNESSが採用しているボーナスを比較していきます。ボーナスに関してはほぼ提供していない2つの業者を比較していくのはかなり難しいと言えるでしょう。数少ないボーナスのチャンスを提供している業者はどちらなのか、しっかり確認しておくことをオススメします。

AXIORY:キャンペーン時のみボーナスを提供

EXNESS:ボーナスなし

AXIORYはキャンペーンが開催されている時期のみボーナスを提供しており、それ以外のタイミングではボーナスを一切提供していません。EXNESSは全くボーナスを提供していないことを踏まえると、ボーナスの面ではAXIORYが有利です。

ただ、AXIORYのボーナスは提供されているタイミングが制限されていること、条件を達成しなければボーナスを受け取れないことに気をつけてください。ボーナスを受け取れないユーザーが出てきてもおかしくない条件もありますので、しっかり確認してからボーナスを受け取るか検討しましょう。

AXIORYとEXNESSの約定力比較

AXIORY約定力99.99%

AXIORYとEXNESSの約定力を比較していきます。約定力は狙っているタイミングでしっかりトレードができるか、トレードにとって重要なポイントを示しています。約定力が弱いとトレードに多大な影響を及ぼすことを踏まえると、基本的に約定力は重要視される部分です。

AXIORYは取引サーバーをロンドンとニューヨークの2箇所のEQUINIX社という金融インフラで世界最大級のデータセンター内に設置しています。専門スタッフにより24時間サーバー監視を行うことにより常に最もタイトなスポットを迅速に顧客に提供していおり、この最高のインフラ環境がAXIORYの低スプレッドと高い約定力の秘密です。

約定率は驚異の99.98%をマークしており、さらに約98%の注文が0.189秒以内に約定します。全注文の約74%がスリップ幅が±0.1pips以内で行われ、約55%がスリッページ0pipsでの約定が行われます。

一方でEXNESSはAXIORYに比べると、スリップなど起こる場合があるので現状を考えるとまだまだ改善の余地有りといえます。よって約定力ではAXIORYが優れていると言えるでしょう。

AXIORYとEXNESSのロスカット比較

トレード中に強制的に取引を終了させるロスカット要素を比較していきます。ロスカットの基準が厳しくなっていれば、それだけ対応する方も厳しい対応を取る必要があります。しっかりとロスカット基準は見ておきましょう。

AXIORY EXNESS
マージンコール 50% 60%
ロスカット 20% 0%

AXIORYは平均的な数字でマージンコールとロスカットを提供しています。マージンコールだけならEXNESSのほうが早めに出しており、AXIORYはギリギリまで情報を送ってこないという状況を作っています。

一方で肝心なロスカットの数字を見ると、EXNESSが0%と驚異的な数字を実現しています。0%というのはなかなか出すことが出来ない数字であり、限界ギリギリまでトレードできるというメリットを持っています。ロスカット基準はEXNESSが優れていると言えます。

なお、EXNESSのマージンコールは口座ごとに違いがあり、スタンダード口座は60%ですがそれ以外の口座では30%に設定されています。ロスカット基準の違いを知らないと、マージンコールのタイミングを知らないままトレードすることになるので注意しましょう。

AXIORYとEXNESSのサポート比較

AXIORYとEXNESSが提供しているサポート対応を比較していきましょう。サポート対応はトレードする際に重要なポイントの1つとなっており、もしもの状況下で相談する際にはどのような方法が利用できるのか、知っておく必要があります。

2つの業者が用意している方法は以下の通りです。

AXIORY EXNESS
電話
メール メール
ライブチャット ライブチャット
よくある質問 よくある質問

採用している方法に違いがあります。AXIORYは電話による対応を行っていませんが、EXNESSは電話による対応もしっかり行っています。ただ、今の時代に電話を利用するというのはなかなかありませんし、相手は海外の業者です。電話対応はあまり気にしなくてもいいでしょう。

それ以外の方法は同じものが採用されています。メールとライブチャット、よくある質問による対応がしっかり行われている点は安心できるポイントでしょう。問題はメールとライブチャットの2つがどのような時間帯に対応しているかという部分です。

問い合わせに対応している時間ですが、2つの業者で違いがあります。

AXIORY EXNESS
メール 平日9時~24時 平日8時~24時
ライブチャット 平日10時半~23時半 平日8時~24時
よくある質問 24時間対応 24時間対応

対応している時間はEXNESSのほうが長くなっています。AXIORYは開始する時間帯が遅く設定されていますが、EXNESSは全て共通して8時から対応するようにしています。ライブチャットの終了時間も24時に設定され、より遅い時間帯でも対応してくれるのはいいところでしょう。

ライブチャットの対応時間が充実している点で、EXNESSはサポート体制がしっかりしているように感じられます。ただ、日本語対応が今ひとつ良くない部分があり、日本語対応だけを考えるとAXIORYが使いやすくなっています。

AXIORYとEXNESSの手数料比較

次に手数料を比較していきます。AXIORYとEXNESSは、揃って以下の手数料は無料としています。

・スタンダード口座の取引手数料
・口座維持手数料

これらの手数料は必要ありません。取引手数料はスタンダード口座のみ基本的に無料としていますが、EXNESSのプロ口座も手数料無料で提供されています。それ以外に口座維持手数料はどの業者を利用しても無料なので安心です。

一方で入金手数料ですが、EXNESSは請求されないもののAXIORYは請求されてしまう場合があります。

AXIORY 20,000円以下の入金は一律1,000円の支払い
EXNESS 無料

AXIORYは20,000円以下で入金すると1,000円の手数料を徴収されてしまいます。20,000円以下で入金することがないように調整すれば問題ありませんが、それでも手数料を請求されてしまう点で不利になってしまうのは事実です。

そして最重要とされているのが取引手数料の問題です。取引手数料は低スプレッド口座を利用している場合に発生するもので、スプレッドの代わりに請求されているものです。この違いをしっかり確認しておきましょう。

AXIORY 往復6ドル(片道3ドル)
EXNESS(ゼロ口座) 往復9ドル(片道4.5ドル)
EXNESS(ロースプレッド口座) 往復7ドル(片道3.5ドル)

手数料は明らかにAXIORYが有利に設定されています。AXIORYは往復でも6ドルしか請求されず、EXNESSが提供しているロースプレッド口座よりも手数料を抑えられるメリットを持っています。低スプレッド口座では圧倒的に有利な状況です。

ただ、ゼロ口座を利用する場合、3ドル分のスプレッドを軽減できる場合があります。本当に手数料が少ない取引口座を使うべきか、それともスプレッド自体を極限まで下げるべきか、しっかり考えて選ぶといいでしょう。

AXIORYとEXNESSの安全性比較

AXIORY安全性

それぞれの業者は、安全性を高めるために様々な対策を採用しています。まずは2つの業者が保有しているライセンスを見ていきましょう。

AXIORY ベリーズ
EXNESS セーシェル

2つの業者は別の国からライセンスを受け取っています。金融ライセンスとしては知られている地域となりますので、安全性はどちらもしっかり確保されています。ライセンスを保有していないという問題はありません。

また、トラブルが発生した場合の対応もしっかり用意されています。ただ、信託保全を採用している業者ではなく、分別管理によって資金を分割しているという方法が採用されます。2つの業者とも、最大20,000ドルまでは補償するサービスに加入しており、安心感が高まっています。

長年サービスを提供しているという観点では、どちらも同じくらいの年数となりますのであまり違いはありません。スポンサーなども行っているEXNESSは海外的には知名度も高く信頼性もあると判断されていますので、その分だけ有利といえる部分はあります。

AXIORYとEXNESSのレバレッジ比較

気になるレバレッジを比較していきます。レバレッジは取引する際に重要なポイントの1つとなっており、利用する際はレバレッジの最大値などに気をつけるべきでしょう。

AXIORY 最大400倍(保有資金による変動型)
EXNESS 最大で無制限(保有資金による変動型)

無制限を採用しているEXNESSは圧倒的にレバレッジで優れていますが、AXIORYも最大400倍と悪くない数字を採用しています。ただ、どちらも保有資金による変動型を採用しており、保有している資金が多ければ多いほど、レバレッジが下がってしまいます。

まずはAXIORYのシステムを見ていきましょう。

10万ドルまで 400倍
10万ドル超20万ドル以下 300倍
20万ドル超30万ドル以下 200倍
30万ドル超 100倍

保有している資金が多ければ多いほどレバレッジは減少しますが、日本円で1,000万円程度までは400倍が採用されるため、本当に多くの資金を保有していなければレバレッジの影響は受けないでしょう。

次にEXNESSの方法を見ていきましょう。

999ドルまで 無制限
1,000ドル以上4,999ドル以下 2,000倍
5,000ドル以上29,999ドル以下 1,000倍
30,000ドル以上 500倍

無制限とされているレバレッジは999ドルまでと非常に少ない金額となります。ただ、レバレッジ制限が早く来てしまう状態ではあるものの、最低値でもAXIORYのレバレッジは上回っています。結果的にEXNESSはAXIORYよりレバレッジでは有利と言えるのです。

AXIORYとEXNESSが使える取引システム比較

MT5-チャート

最後に取引システムを比較していきましょう。2つの業者が採用している取引システムは似たようなものですが、実はちょっとした違いがあります。

AXIORY EXNESS
MT4 MT4
MT5 MT5
cTrader

AXIORYはcTraderを採用している利点を持っています。このシステムはMT4よりも約定力などの観点で優れています。使える口座は限定的ではありますが、EXNESSで採用していないシステムが利用できるのはいいところでしょう。

EXNESSが採用しているシステムは他社でも使われているMT4とMT5です。定番とされているため使いやすいものの、変わったシステムで取引できない点に注意が必要です。

AXIORYとEXNESS比較まとめ

今回はAXIORYとEXNESSを比較しましたが、2つの業者が優れているのは間違いない事実です。海外FXではどちらも使いやすい業者で、日本人も安心できるポイントが多いでしょう。

今回は結論としてAXIORYが優れていると説明しましたが、EXNESSも決して負けているポイントが多いわけではありません。どちらを利用するか色々な情報を比較した上で結論を出し、いいトレードを目指してください。

どちらもRoyalCashBackでキャッシュバック対応していますので口座開設の際は併せてご利用ください。

更新日:

Copyright© 海外FXキャッシュバック口座開設なら人気・実績No1のFXRoyalCashBack(ロイヤルキャッシュバック) , 2022 All Rights Reserved.