海外FXの事ならご相談ください。

ATMでカード出金ができると評判のSticPay(スティックペイ)口座開設、入金出金方法開設

STICPAYトップページ

SticPay(スティックペイ)でスピーディーで便利に入出金

SticPay(スティックペイ)をご存知でしょうか?

新しいオンライン決済サービスとしていま注目されているのがSticPay(スティックペイ)です。

公式サイトはこちら

通常海外への送金には海外銀行送金を利用するため、多額の手数料や時間が必要となっていました。しかしSticPay(スティックペイ)ではそんな銀行送金システムを介さずに資金を移動することができるため、手数料を安く資金の移動ができるのです。特に海外FX業者を利用する多くのトレーダーが愛用しており、海外FX業者への入金の主流となりつつあります。

・SticPayの特徴
・SticPayプリペイドカードについて
・SticPay(スティックペイ)口座開設方法
・SticPayアカウントの制限解除
・SticPayへの入金
・クレジットカード認証・登録
・クレジットカード入金
・SticPayプリペイドカード申請方法


 

SticPay(スティックペイ)が手数料をかけずに出金できる理由は「国内銀行送金」

STICPAYカード国内銀行送金

通常海外からの銀行送金は中継銀行を経由するため何日もかかり、手数料も2000円以上かかってしまいます。しかしSticPayは国内銀行口座から送金を行うため、手数料も着金時間もかからずに入出金が可能となるのです。


 

SticPay(スティックペイ)プリペイドカードでATM出金が可能

SticPay(スティックペイ)が人気の理由の一つに専用のSticPayプリペイドカードでATMから引き出しが可能な事にあります。海外FX業者から引き出した資金をどうしてすぐに現金で必要な時、近くのATMで利用ができたらとても便利でしょう。出金、送金、着金という長い時間と多額の手数料をかけること無くスピーディーに手元に出金ができるのがSticPayカードの大きな魅力なのです。また一ヶ月に利用できる限度額が9000ドルと非常に大きく、買い物から海外FX口座への出金等使い勝手の良さも評判の理由です。

気になる年会費はカード発行後13ヶ月以降はUS$1毎月かかります。残高確認はATMで行うと$3必要となるため極力オンラインから行うようにしましょう。SticPayカードのATMでの利用限度額や引き出し限度は以下の表を御覧ください。

SticPayプリペイドカード
一日の利用限度額US $ 2,000
月間 決済可能金額US $ 9,000
一日のATM引出限度額US $ 3,000
(ATM出金可能金額はATM別に異なる)
一ヶ月のATM引出限度額US $ 9,000
ATM引出手数料最小4USD又は出金金額の1%
入金手数料1.3%
カード再発行手数料
(有効期間満了後、再発給手数料)
US $ 10
最小振替金額US $ 100
会費STICPAYカード発給後13か月目から毎月US $1
残高確認オンライン:無料 | VRS :無料 | ATM : US $ 3
カード発給手数料無料(ただし、配送料は別途必要です。)

Sticpayプリペイドカードの発行方法はこちらを御覧ください。


 

SticPay(スティックペイ)口座開設方法

SticPayを利用するにはオンライン口座の開設が必要です。まずは口座開設申請を行ってからカードの発行や、入金、出金が可能となります。こちらを参考に口座開設を行ってください。SticPayの口座開設は簡単な入力で完了します。

まずはこちらのボタンからSticPayトップページへ移動してください。

口座開設はこちら

 
SticPay口座開設情報入力

氏名、生年月日、居住地、メールアドレス、ログインパスワードを入力します。ログインパスワードは英語大文字、小文字、数字を組み合わせて作成してください。口座開設後に通貨の変更はできませんのでご注意ください。

SMS認証

携帯電話番号を入力してSMSを受け取って下さい。0を省略した携帯番号を入力後「SMS発送」を押して認証コードを受け取って下さい。とどいた認証コードを入力し承認をおこなってください。

口座開設完了

これで口座開設申請が完了となります。

口座開設申請完了メール

登録したメールアドレス宛にメールが届きます。審査は1~2日とありますが数時間で完了することがほとんどです。

アカウントの承認が完了次第メールが届きます。

アカウント認証完了メール

承認が完了したばかりはまだ制限がかかっています。

次にアカウントの制限解除を行います。


 

SticPayアカウントの制限解除

作成したばかりのアカウントには制限がかかっています。
制限内容は1回あたり最大$50、1日で最大$100の出金、振替制限になります。

マイアカウントページの書類を選択し居住所証明と身分証明を行い制限を解除します。

 

SticPay居住所証明方法

居住所証明

居住所証明2

居住所証明を選択し身分証をアップロードします。使用できる身分証は公共機関の領収書や請求書を使用します。電力会社や電話会社からの請求書を使用しましょう。

スキャンしたデータをアップロードし、住所を英語で入力して下さい。

 

SticPay身分証明方法

次に身分証明を行います。身分証明に使用できる書類は免許証、パスポート、マイナンバーになります。免許証、マイナンバーは裏面と表面を使用します。

身分証明

身分証明書アップロード

身分証明書を選択しアップロードしてください。アップロード完了後送信ボタンを押して下さい。

以上で身分証、居住所確認完了となります。

身分認証完了メール

認証が完了次第完了のメールが届きます。

以上でアカウント制限解除完了となります。


 

SticPayへの入金

SticPayを利用するには入金が必要となります。入金方法は国内銀行送金、クレジットカード、銀行送金、代替支払手段(NETELLER、Skrill)になります。


 

SticPayへのクレジットカード認証・登録

まずはSticPayへ使用クレジットカードの登録が必要になります。

クレジットカード登録

参考画像にならってクレジットカード番号の先頭の一文字、後ろから4文字以外、裏面のセキュリティコードを隠した画像を用意します。こちらは編集、もしくは紙で隠してスキャンを行ってください。

クレジットカード情報

アップロード後カード名義、カード番号、有効期限を入力し送信してください。

クレジットカード認証申請完了

するとステータスが完了になります。認証が完了後クレジットカードによる入金が可能になります。


 

SticPayへのクレジットカード入金

SticPayへの入金はクレジットカードが一番早く便利な入金となります。

入金からクレジットカードを選択してください。

クレジットカード入金金額入力

すると登録カード情報と金額の入力欄が表示されるので「Amount」に入金額を入力し「Money in」を選択してください。

クレジットカード情報入力

ポップアップでカード情報の入力を求められるのでカード番号、有効期限、セキュリティコードを入力し「Deposit」を押してください。

クレジットカード入金完了

以上でクレジットカード入金完了です。口座への反映は5分ほどで行われます。


 

SticPay(スティックペイ)プリペイドカード発行・申請方法

SticPay一番の目玉と言えるSticPayプリペイドカード、ATMから出金が可能でマスターカード加盟店で利用できる便利なカードです。そんなプリペイドカードの作成、発行方法になります。STICPAYカードの発行には口座残高が50ドル以上必要になります。またカード発送時に35ドルが発行手数料として口座から差し引かれます。

まずはメニューからSTICPAYカードを選択してください。

STICPAYカード発行申請

すると最初は申請画面が表示されますので使用する通貨を選択してください。

個人情報登録

パスポート番号と個人情報を入力します。

発行書類提出

次に発行に必要な書類をアップロードします。

身分証明書、居住所確認書、パスポートが必要となります。身分証明書と居住所確認書はアカウントの制限解除に使用したもので可能です。

同意と署名

最後に必要事項に同意し、パスポートと同じサインをマウスで下のスペースに記述してください。難しいので失敗した場合は右上の取り消しでやり直してください。

Sticpayカード申請完了

以上でSticpayカードの申請完了となります。

Comments are closed.